日本の企業がタバコの葉からワクチンを作る技術を開発

疲労評論家:梶本修身によると

アメリカの国立衛生研究所とワクチンメーカーが

既に新型コロナのワクチン開発を進めている

 

従来のワクチンは、動物や孵化した卵で培養していたが、

●日本の企業がタバコの葉からワクチンを作る技術を開発

ウイルスの遺伝子を切り取り、

ウイルス様粒子を作ることに成功

それをタバコの葉に入れると増殖する

1か月で1千万人分のワクチンが生産できる

 

ワクチンを開発するまで10年かかっていたが、

ウイルスの遺伝子解析が済めば、

1か月でワクチンが開発できるようになった

●新型コロナウイルスの遺伝子解析は完了している

(191)

スポンサード リンク
スポンサード リンク