海底に沈めた深海未来都市構想

AI-ToT評論家:伊本貴士によると

●海底に沈めた深海未来都市構想

 

直径500mの球体の中に住宅、商業施設など都市が入る構造

食料→魚を養殖

エネルギー→海水温度差を利用して発電

水→海水を淡水化

レアメタルなどの資源→海底資源開発

 

●深海都市は、地震、台風、津波などに強い

海中に都市があるため地震や台風に強い

フローティングハウスのようにお金を持っている人たちは、

水の上に家を持ちたがる

(23)

スポンサード リンク
スポンサード リンク