双子の不思議なシンクロ人生の実例

生物学評論家:池田清彦による

●双子の不思議なシンクロ人生の実例

生後すぐに離され別々に育った双子が、

39年後に出会ったところ、偶然一致することが多すぎた

初婚の女性の名前が2人とも「リンダ」で一緒だった

すぐに離婚し、

再婚相手の名前が2人とも「ベティ」で一緒だった

息子につけた名前は、「ジェームス・アラン」

タバコの銘柄は「セーラム」

飲んでいるビールは「ミラー・ライト」

非常勤保安官をしていた

 

双子は一緒に育つとここまで似ない

双子は互いが最大の競争相手になり、相手と違うことをしたくなる

だが、別々に育つと遺伝的要素が顕著に現れ、趣味嗜好が似やすくなる

(66)

スポンサード リンク
スポンサード リンク