玉ねぎは調理の仕方次第では、血液サラサラ効果がない

消化器評論家:工藤あきによると

●玉ねぎは調理の仕方次第では、血液サラサラ効果がない

血液をサラサラにするといわれている硫黄化合物は、

酵素による反応が必要だが、熱に弱い

切ってすぐに加熱すると効果がなくなる

 

玉ねぎを切ったら15分以上常温で放置

その間に酵素と反応し成分が定着する

 

硫黄化合物は水に溶けやすいので、水にさらすと効果が半減する

(48)

スポンサード リンク
スポンサード リンク