甘いものが止らないのは血糖値スパイクのせいかもしれない

血糖値評論家:薗田憲司によると

●甘いものが止らないのは血糖値スパイクのせいかもしれない

甘いものを食べると血糖値が急上昇する

体は血糖値を一気に下げようする

そうすると体は低血糖を感じて甘いものを欲する

●食前にコーヒーを飲むと血糖値の上昇を抑えられる

コーヒーに含まれるクロロゲン酸などの効果で血糖値の上昇を低く抑えられる

 

疲労評論家:梶本修身によると

●時差ボケするとデブ体質になりやすい

最近の研究で時差ボケすると脳がボヤっとするイメージだが、

腸内細菌も時差ボケすることが分かった

本来腸内細菌として入ってきてほしくないタイミングで食物が入ってくる

すると中々働けず消化不良を起こす

海外行くと下痢する人が多いのは、

水が変わったせいではなく時差ボケが原因の場合も多い

普段と違う腸内細菌が働くことで体内の吸収、代謝が変わり肥満につながる

(21)

スポンサード リンク
スポンサード リンク