Category Archives: ●ひざ関節評論家:戸田佳孝

呼吸器評論家:大谷義夫によると

日本人の死因 第一位は肺がん

肺をレントゲンで撮影しても骨で隠れる部分が半分もある

骨の裏にできたがんは、見落とされる可能性が高い

そこで

●肋骨を消せるレントゲンが開発された

 

ひざ関節評論家:戸田佳孝によると

●海外では人の骨で作ったネジで骨折の治療をしている

金属のネジの場合、手術後に さらにネジを抜く手術が必要

日本では火葬なので、他人の骨を移植することは禁止されている

 

島根大学では、骨折した人のすねから骨をとって

手術室に置いた特殊な研磨機を使って骨ネジを作って使ったケースがある (24)

スポンサード リンク

ひざ関節評論家:戸田佳孝による膝の健康度診断

 

1、トイレットペーパーの芯の中に

スプレー缶などを入れて、椅子、体重計、トイレットペーパーを置く

 

2、トイレットペーパーの上に膝裏を当てて、足をだらんとした状態に測定

 

3、膝を伸ばしながら膝の裏で押さえつけて測定

 

足をだらんとした状態で測定した値から、

膝を伸ばして測定した値を引くと膝を伸ばす力になる

 

●膝を伸ばす力が7㎏以上でないと変形性膝関節症のリスクがある

 

普段から膝を伸ばす筋力を鍛えるとリスクは軽減される (84)

兄弟姉妹評論家:磯崎三喜年によると

●第一子は、最も長生きする

ベルギーで500人を対象に調査

すると男女ともに第一子が最も長生きだった

 

第一子男性と比べて、第二子男性の死亡リスクが約2.4倍

第三子男性の死亡リスクは約1.7倍

 

第一子が長寿の理由は、親から大事に育てられる

教育年数が長いため社会的地位も高いため

安心した生活を送りやすい

 

ひざ関節評論家:戸田佳孝によると

●第一子は、高齢になると転倒骨折しやすい

第一子は、第二子、第三子に比べて肥満度が高い

また握力や肘を曲げる筋力が低い

握力が弱いと転倒しやすく骨折の危険性も高まる (505)

ひざ関節評論家:戸田義孝によると

●第一子は、股関節が硬い傾向がある

 

初めて妊娠した母の子宮は硬く、羊水が溜まりにくい

子宮の中で足が圧迫されて、股関節の軟骨が減り

動きが悪化する股関節形成不全が起こりやすい

 

一方、数回妊娠した母は、

子宮が膨らみやすく羊水が溜まりやすい

したがって弟や妹は、脚が圧迫されない

 

股関節形成不全は、乳児検診で発見された場合、治療可能

大人になって股関節が痛む場合、医師への相談が望ましい (533)

経済評論家:門倉貴史によると

●20代の男性の2割が 1か月間 一回もお米を食べていない

 

農林水産省の調査で

女性は5%も、1か月間 一度もお米を食べていない

男性は9%も、1か月間 一度もお米を食べていない

若くなるにしたがい食べない割合が増える

 

ひざ関節評論家:戸田佳孝によると

和式トイレが減少し、しゃがみ込みができない子供の率が増えている

製薬会社の調査では、

中学生の14%がしゃがみ込みができない

そんな子供たちが長時間しゃがみ込みすると膝の靭帯を痛めることも (113)

スポンサード リンク