●マーケティング評論家:牛窪恵」カテゴリーアーカイブ

マーケティング評論家:牛窪恵によると

●妻が理想とする家事 3ポイント

1,自主性:言われる前にやる

2,意外性:やれるとは思われていないことをやる

3,自己完結性:最後までやる

 

●妻に「何か手伝おうか?」はNGワード

「手伝おうか?」は、当事者意識が低い

 

法律評論家:堀井亜生によると

離婚の相談を受けていると

「妻は家で何もしていない」「俺の仕事よりは楽」という前提で話をされる

奥さんは家が職場

夫が帰宅すると延長で仕事

オンオフがない状態で疲れる

(25)

スポンサード リンク

歌唱力評論家:しらスタによると

後天的に歌が下手になるのは、

●日本語は歌に向いていない

英語や中国語は、音域が広いのに対し、日本語の音域は狭い

日本語は音程をコントロールする筋肉を使わずに会話できてしまう

歌が上手い芸人が多いのは、普段の音域が全然違う

 

マーケティング評論家:牛窪恵によると

●情景が浮かぶ歌詞は、歌ヘタがバレにくい

例えば、SMAPの「世界に一つだけの花」、

猿岩石の「白い雲のように」、THE BOOMの「島唄」など

情景を思い浮かべるので音程が気にならない

(17)

マーケティング評論家:牛窪恵によると

女性が、音痴な男性の歌の褒める言葉は決まっている

これを言われたら歌が下手なんだと自覚した方がいい

●歌ヘタな男性が女性に言われるセリフベスト3

 

3位:「このリズム最高だね」「この曲ノリがいいね」

リズムを褒める

 

2位:「定番だよね」「聞いたことあるこの曲」

定番を褒める

 

1位:「この歌いいよね」「歌詞がいいよね」

歌自体を褒める

 

これらで褒められたら下手だと思った方がいい

(13)

マーケティング評論家:牛窪恵によると

40歳から強くなる分野がある

YOUTUBEの年代別 視聴ジャンルランキング

10代 1位:音楽、2位:ゲーム、3位:やってみた系

20代 1位:音楽、2位:ゲーム、3位:やってみた系

30代 1位:音楽、2位:ゲーム、3位:アニメ

40代 1位:音楽、2位:ペットと動物、3位:やってみた系

50代 1位:音楽、2位:ペットと動物、3位:スポーツ

40代 1位:音楽、2位:ペットと動物、3位:ニュース

ペットと動物は、若い世代では全く上位に入ってこない

 

●40歳を超えるとペットと動物の動画をよく観るようになる

若いときは、横に動くものを見る能力が優れているが、

40代になると止まっているものに目がいく

(41)

マーケティング評論家:牛窪恵によると

●男性の40代は、一気に幸福度が落ちる

その原因は、2つ

1、職場で必要とされていないと感じる

2、家庭で必要とされていないと感じる

 

疲労評論家:梶本修身によると

40代と20代を比べると圧倒的に20代の方が認知度が高いが、

●集中力と他人の感情を見抜く力は、20代よりも40代の方が優れている

ハーバード大学が、1万430人を対象に集中力の持続テストを行った

すると短時間の集中は若い人の方が得意だったが、

数十分以上の集中力は、43歳がピークだった

目元のみの写真で感情を見抜く別の実験では、

48歳の人が高成績だった

(26)

スポンサード リンク