●マーケティング評論家:牛窪恵」カテゴリーアーカイブ

●自分の体から取った脂肪を顔に入れ、ハリを出す

脂肪吸引の名医:大橋昌敬によると

年をとってくると顔の脂肪は落ちてくる

脂肪を注入して若い時の立体に戻す

脂肪注入すると幹細胞により肌つやもよくなる

本人の脂肪でないと拒絶反応が起きやすい

●中年太りの腹を脂肪吸引でシックスパックにする人が急増

 

目の名医:福田慶三によると

●鼻の下を1㎝短くしたい若者が急増している

 

マーケティング評論家:牛窪恵によると

●空港で整形した人をAIが顔認証できないトラブルが起きている

整形手術の証明書を持参しないと出入国できない場合もある

●あばら骨と耳の軟骨を鼻に移植する整形がある

さらに他人や亡くなった人から提供された軟骨を使う整形手術もある

(15)

スポンサード リンク

●歯の矯正もバレない矯正に激変

デジタル歯科:丸尾勝一郎によると

ワイヤーもボタンのブラケットも金属→ブラケットが透明に変化した

今ではワイヤーも白くなり、目立ちにくくなったが、

●歯の裏側矯正やマウスピース矯正で人にバレにくくなった

マウスピース矯正は、1日20時間装着しないといけなく、

食事以外は、ほぼつけておかないといけない

 

マーケティング評論家:牛窪恵によると

●コロナ渦で歯の矯正が女性に人気

コロナ渦のうちにやりたいこと

1位:歯列矯正

2位:脱毛

3位:虫歯の治療

4位:美容整形

5位:本格的なダイエット

マウスピース矯正は、間食をしなくなるので自然とダイエットになる

 

●舌で前歯を押す癖で歯並びが悪化することも

矯正で治しても癖を改善しないと元に戻りやすい

(9)

マーケティング評論家:牛窪恵によると

マウンティングは際限がないので問題

●マウンティングを気付かせる さしすせそ防御

 

これは男性を上げるために、良いとされてきた方法

 

さ→さすが

し→知らなかった

す→すごいね

せ→センスいいね

そ→そうなんだ

 

マウントされた時にあえてわざとらしく言うことで回りも本人も笑いで終わる

(35)

マーケティング評論家:牛窪恵によると

●全盛期の渋谷109の試着室には、鏡が無かった

全盛期は、カワイイブームの1997年~2000年あたり

東急の全体のビルで、1日1億円売り上げていた

カリスマ店員は、1時間で150着も売っていた

鏡が無い試着室から出ると、カリスマ店員に褒められ思わず購入する

似合っていない姿を見せないように鏡を外した

 

SNSトレンド評論家:山口夕依によると

●渋谷に女性を確実に口説けるBARがある

・八月の鯨:東京都渋谷区宇田川町28-13

好きな映画のタイトルを注文すると、

その映画をイメージしたカクテルが飲める

映画の話題がきっかけで自然とトークが盛り上がる

(10)

マーケティング評論家:牛窪恵によると

●不況になるとデコが流行りだす

悪目立ちをさけてベーシックを購入し、

デコってプチ個性を出したがる

 

認知科学評論家:中野信子によると

●細眉ブームも不況に関係している

不況で女性が専業主婦思考に傾き、

太眉よりも男性にウケる細眉を選ぶようになるのではと考えられている

 

結婚よりキャリアを目指す女性は、太眉にする傾向がある

眉毛は景気を占う指標として使える

(19)

スポンサード リンク