Category Archives: ●環境評論家:武田邦彦

環境評論家:武田邦彦によると

将来、フォアグラが食べられなくなるかもしれない

フォアグラの作り方が問題視されている

アヒルの口を開けてロートを胃まで差し込み、トウモロコシを注ぐ

そのトウモロコシの量で、フォアグラの良し悪しが決まるという

 

生物学評論家:池田清彦によると

その作り方に対して、動物愛護団体が動物虐待だと訴えている

そこで、

●2023年までに細胞培養で人工的にフォアグラを作る技術が開発される見込み

 

経済評論家:門倉貴史によると

フォアグラ、キャビア、トリュフは、世界三大珍味に数えられている

三大珍味を食べたことがある人にアンケート調査したところ

●三大珍味の中でフォアグラの人気は、ダントツだった

40.6%の人が、フォアグラを1番に挙げた (9)

スポンサード リンク

心理評論家:植木理恵によると

●性格分析をするほど、その性格に近くなる

性格診断など他人から言われたり、

自ら公言すると、その正確に寄っていく

 

意識すると行動が意識の方に寄っていきやすい

思い込みが自分を作っていく

 

環境評論家:武田邦彦によると

●物忘れすると思う人の方が、物忘れする

年を取って「物忘れする」と口に出すと、さらに物忘れする (56)

環境評論家:武田邦彦によると

玄関に靴を置きっぱなし、廊下に段ボールがあるなど

●片付けられていない家は、風邪をひきやすい

玄関に靴が散乱していると、通るたびに昼間の嫌なことを思い出す

そのストレスにより、免疫力が衰える

段ボールを見るたびに片付けなくてはいけないと考える

そのストレスにより、免疫力が衰える

 

●寝室の天井が斜めの家は、がんになりやすい

寝ているときは、完全に無防備

天井の尖り、斜めは、恐怖心やストレスになり、不眠症や免疫力低下につながる

 

●弱っている観葉植物がある家は、住人の元気もなくなる

観葉植物は、よく手入れして、元気を保つことが大事 (22)

環境評論家:武田邦彦によると

●脳卒中や心筋梗塞などの突然発症する病気に早期に対応する住宅が販売される

2019年1月にセキスイハウスがラスベガスで発表

家のセンサーが、呼吸や脈拍数の変化を管理

住人の生体データの異常を検知すると管理センターに緊急連絡

 

●脳卒中や心筋梗塞などの突発性の病気は、約8割が家の中で起きている

外では無意識に気を張っているため、

家に帰ってきてから発症するケースが多い (15)

環境評論家:武田邦彦によると

●ピカソの絵は、線一本で人物の背景が見える

その線一本で年齢、子供の人数、結婚歴など全て見える

 

経済評論家:門倉貴史によると

●ダ・ヴィンチの絵が絵画史上 最高額の508億円で落札された

数年後には、1つの絵画作品に1千億円の値段が付く可能性がある

ダ・ヴィンチだけでなく色んな絵画の値段が高騰している

その理由は、現在 美術館の数が世界的に増えているから

各美術館が客を呼べる目玉となる作品を展示しようと高値で落札している

 

特にダ・ヴィンチは、油彩画で現存する作品は、

十数点しかないため高値で取引されている (23)

スポンサード リンク