●環境評論家:武田邦彦」カテゴリーアーカイブ

環境評論家:武田邦彦によると

●人はやることが無くて暇になると心身が徐々に弱り、寿命が終わる

有意義かどうかは問わずに時間がつぶれればいい

何がいいか考えないことが大切

 

心理評論家:植木理恵によると

●芸術一般の練習は、憧れの対象がはっきりしていると上達しやすい

例えば、憧れの人の演奏を聴き込むとやりたい気持ちは続く

 

節約評論家:和田由貴によると

●1つの卵から2つの目玉焼きが作れる

1、まず生卵を冷凍する

2、冷凍玉子に流水をかけ殻をむく

3、凍ったまま包丁で半分に切る

4、フライパンに切った面を下にして弱火

すると凍った卵が溶けてきて焼けてくる

(71)

スポンサード リンク

生物学評論家:池田清彦によると

●猫の寿命が30年に延びるかもしれない

猫の平均寿命は、14.2歳

死因は慢性腎臓病が多い

猫の腎臓病を自然治癒させることは、遺伝的にできないため

現在、猫が腎臓病にならないようにする研究が進められている

 

環境評論家:武田邦彦によると

●フッ素加工は、原爆の研究から生まれた

原爆を作るときは、どうしてもフッ素を使う必要があった

当時はまだフッ素を作れず、研究した結果、

フッ素樹脂が焦げ付きにくいことを発見

(142)

愛知魅力分析評論家:大竹敏之によると

●愛知に赤味噌(豆味噌)が無かったら三英傑は天下を取れなかった

愛知県の赤味噌文化は、天下取りのために非常に重要な役割を果たした

赤味噌は栄養価が高く日持ちするため兵糧として重宝された

なので三河武士は粘り強く戦えた

武田信玄なら信州味噌、伊達政宗なら仙台味噌

武将がいるところには、良い味噌がある

 

環境評論家:武田邦彦によると

●愛知県は日本の歴史で勝ち続けている

織田信長、豊臣秀吉、徳川家康を輩出

徳川が江戸に移り、廃れたころに

尾張徳川家 第7代当主 徳川宗春が、名古屋で独自の経済政策を行い、

吉宗の江戸を抜いて名古屋を大都市に発展させた

最後にはトヨタ自動車

(50)

●福岡県民の特性

・話す声が大きい

・話の途中で上からかぶせる

・せっかちで前のめり

 

環境評論家:武田邦彦によると

●福岡の郷土愛が歪んでいるのは、純粋ではないから

527年に起こった磐井の乱が原因

福岡の豪族 磐井が大和朝廷に反乱を起こしたが敗退した

そのダメージで、まだトラウマが残っている

 

●体育の掛け声は「ヤー」

 

福岡分析評論家:牧野洋によると

●福岡は世界の住みやすい街ランキングでトップ25の常連

数年前は、京都を抜いて世界7位になったことも

食品の物価が安い→地方都市の中で最も低い

通勤 通学時間が短い→関東50分以上に対し、福岡 北九州は30分台

 

マーケティング評論家:牛窪恵によると

●福岡の醤油が甘いのは、接待文化で貴重な砂糖を加えていたから

 

うどんが好きだと言いながら、

うどん生産量は、香川1位、埼玉2位、愛知3位で福岡は9位

●福岡県民は、実はうどんをあまり食べていない

 

●福岡県は焼き鳥店舗数(人口10万人あたり)全国1位

(41)

環境評論家:武田邦彦によると

文京区が肺がん検診のお知らせで

●肺がんの2人にひとりは、たばこが原因とはいえません

と発表

 

●タバコを吸ってても吸っていなくても肺がんの比率は同じ

 

私が書いたタバコを吸って長寿を狙おうという本も売れるかもしれない

(170)

スポンサード リンク