Category Archives: ●環境評論家:武田邦彦

生物学評論家:池田清彦によると

●昆布には脂肪を燃焼させる効果がある

昆布には、フキコサンチンが含まれている

フキコサンチンには、3つの作用がある

抗がん作用、抗酸化、脂肪燃焼

 

心理評論家:植木理恵によると

●女性は高価な下着をつけているほど会議での発言に説得力が増す

 

女性は高価な下着を身に着けることで自信がみなぎり

説得力が増し、プレゼンテーションが通りやすくなる

 

男性が高級車を買うと自信がつくのと同様 (166)

スポンサード リンク

環境評論家:武田邦彦によると

●文科系、理科系という概念は、先進国で日本だけ

 

明治時代、西洋にならった教育制度をの導入した

十分なお金がなかったため、

実験設備などでお金がかかる理科系を増やせなかった

そのため文科系と理科系で試験を分けて受験生を削減した

 

現在でも理系1学科作るのに文系4学科作れるほどお金がかかると言われている

 

理系1学科作るお金で高等学校1校も作れてしまう

文系の最低限度の経費は、約10億1000万円

理系の最低限度の経費は、約22億9000万円

医学系の最低限度の経費は、約221億4000万円 (86)

心理評論家:植木理恵によると

●右利きの人は、右の情報に明るい

空間把握において右側の方が明るい

右にある文字をよく記憶するなど視覚的、聴覚的に敏感

 

●右利きの人は、右の人生に明るく、左利きの人は、左の人生に明るい

 

右利きの人は、左から脅されると右よりも心拍数が上がる

右利きの人の方が多いのでお化け屋敷では左からの仕掛けが多い

 

しかし人はストレスがある時、いつもと反対の行動をする性質がある

それをopposite habit(反対習慣)という

 

環境評論家:武田邦彦によると

●右利きの人は右側にニキビができやすい

それは癖で右側を触るためといわれている (312)

環境評論家:武田邦彦によると

●2018年、日本から認知症が無くなる可能性がある

日本の認知症患者は、世界と比べても特別に多い

 

日本は厚労省の働きでコレステロール値を下げすぎた

それによって頭の回転が上手くいかない

コレステロールは脳の神経線維を保護し、

脳の情報を素早く伝達する役割がある

 

コレステロール値を急激に下げたことにより、

脳からの伝達に不具合が生じている可能性がある

 

厚生労働省は、コレステロールの摂取基準を設けなくなった (1528)

米国事情評論家:堤未果によると

●アメリカ政府は、検索エンジンに入力する言葉をチェックしている

監視対策検索ワードと言い、2012年に暗殺、攻撃、訓練、

当局、汚染爆弾、狙撃、人質、ウイルス、細菌、

エボラウイルスなど371個を公開した

その中に、豚肉が入っている

過去のテロリストが使う言葉を抽出してリスト化されている

 

9.11以降、アメリカ政府は、テロ容疑者監視リストを作成

そのリストに掲載されると飛行機登場不可、就職不利などの不具合が生まれる

●飛行機の搭乗券にSSSSと発行されている人は、要注意人物

飛行機の搭乗券に、SSSSと書かれていると30分くらいチェックされる

secondary(二次)、security(保安)、screening(検査)、selection(選出)を意味する

間違いで対象にされるケースも多い

チェック対象の国からアメリカに入国したり、

現金で時間ギリギリに航空券を買うと要注意人物リストに掲載される可能性がある

 

環境評論家:武田邦彦によると

●日本は外国から約6000発相当の核燃料があると思われている

原発で使った核燃料を再処理すると核兵器の原料であるプルトニウムが取り出せる (204)

スポンサード リンク