●食物アレルギー評論家:千貫祐子」カテゴリーアーカイブ

食物アレルギー評論家:千貫祐子によると

●白砂糖や三温糖は、比較的かゆみが起きやすい

 

かゆみのある人は、黒糖やてんさい糖がおすすめ

 

砂糖の成分が腸内環境を悪化させ、

砂糖の消化のためにビタミンやミネラルを消費してしまい、

かゆみ物質のヒスタミンを作り出す基になる

 

糖類は、エネルギーになるので適度に必要

(79)

スポンサード リンク

美肌評論家:森智恵子によると

畳で生活しているとどうしても膝が黒ずむ

●膝の黒ずみは、レーザーピーリング

 

食物アレルギー評論家:千貫祐子によると

白い粉状態を放置すると炎症し、色素沈着して黒ずむ

炎症を起こさないためにクリームでケアが必要

 

美肌評論家:森智恵子によると

乾燥の原因は、血流が来ていないから

●ふくらはぎの血流を改善することで顔の血行が良くなる

血流アップで肌のターンオーバーが改善し、

乾燥しにくいバリア肌に生まれ変わる

(30)

食物アレルギー評論家:千貫祐子によると

●海でクラゲに刺されると納豆アレルギーになる危険性がある

 

クラゲの触手に含まれる成分と納豆のネバネバ成分は、

ほぼ同じ構造をしている

この現象は、湘南サーファーに多発している

 

●花粉症の人が果物・野菜アレルギーになりやすい

 

似たような構造でアレルギーが起こることを交差反応という

 

年を取ってから急に嫌いになった食べ物は、

アレルギーになっている恐れがある

(118)

食物アレルギー評論家:千貫祐子によると

●露出の多い格好でキャンプに行くと牛肉アレルギーになる危険性がある

マダニは春~秋にかけて活発化する

気づかない間に噛まれる危険がある

マダニは噛む際に痛みを感じない物質を入れるので、噛まれた人は、何も感じない

 

何度もマダニに噛まれると牛肉アレルギーを発症し、

じんましん、最悪 死に至ることもある

 

マダニの唾液中のアレルゲンと牛肉のアレルゲンが、ほぼ同じ構造をしている

血液型B型、AB型は、ほぼ発症しない

 

マダニに効く成分が入った虫よけを使うのが、ベスト

(72)

生物学評論家:池田清彦によると

●キュウリは、朝出かける前に食べない方が良い

キュウリに含まれるソラニンは、紫外線を吸収しやすくなる

朝食べて出かけるとシミができやすくなる

 

他にソラニンが含まれる食材は、

パクチー、パセリ、セロリ、かんきつ類など

 

ソラニンが少ない食材は、トマト、スイカ、桃、イチゴなど

 

食物アレルギー評論家:千貫祐子によると

●きゅうりパックなど食べ物のパックは、行うべきではない

食物アレルギーは、食べた食物が原因ではなく

肌から入った食物のたんぱく質がアレルギーの原因であることが分かった

実際に、きゅうりパックをした人が、きゅうりアレルギーを発症している

(194)

スポンサード リンク