●AI・IoT評論家:伊本貴士」カテゴリーアーカイブ

AI・IoT評論家:伊本貴士によると

暗証番号より指紋認証の方が安心できるが、完ぺきではない

●指紋認証は、3Dプリンターで突破可能

スマホに残った指の押し跡を機械でスキャンして

3Dプリンターで指そのものを作ることができる

 

●指紋認証よりも体臭認証

人のニオイで個人を判別する技術が研究されている

指紋以上に識別率が高いと言われている

ニオイは化学物質の集まり、その物質をセンサーで検知する

現在の実験では、85%の確率で判別が成功している

2~3年後には、体臭認証が実現すると考えられる

(16)

スポンサード リンク

マーケティング評論家:牛窪恵によると

●今 キャンプブームで山を買う人が増える

少し前なら1ヘクタール20~30万円くらいで買えた山が、

キャンプブームで2~10倍くらいになっている場所もある

ただ山を買っても獣が出たり、五右衛門風呂で火傷したり

オススメなのが、レンタル山を借りる

宮崎県日南市、3500坪くらいの山を1日約8万円でレンタルできる

 

AI・IoT評論家:伊本貴士によると

●買った山に小川があれば小型水力発電ができる

秒速2mくらいの流れがあれば発電できる装置は、

約1kWの発電ができ、約2軒分まかなえる

だいたい1台150万くらい

 

●虫をレーザーで退治するバリアがある

カメラで血を吸うメスの蚊を検知し、

蚊の羽だけを焼き切って退治する

(12)

眼評論家:林田康隆によると

●若者のピント調節異常が急増している

YouTubeやゲームなどで手元を見る時間が長くなっている

狩りをする遠くを見る生活から

急激に近くを見る時代になったため、

眼が環境の変化に対応できず、近視になってしまう

近視になると眼球が変形してしまうので、

網膜剥離や緑内障になりやすくなる

 

AI・IoT評論家:伊本貴士によると

●視力を失った人のために目を作る技術が開発された

ガラス製の半球状のものに電子回路を3Dプリンターで印刷

光を感知して電気信号に変換して神経に刺激を送る

まだ試作段階だが、失明した人でもどこに光があるか分かる

(23)

AI・IoT評論家:伊本貴士によると

●空飛ぶタクシーが、ついに実用化

 

中国の企業EHangがてがける空飛ぶタクシー専用ターミナルが年末に完成予定

 

人が乗せられるドローンで2人まで乗車可能

操縦者は乗らず、自動運転で設定されたコースを飛ぶ

時速130㎞、距離100㎞まで飛べる

 

他にもUber社が、アメリカで2023年から

空飛ぶタクシーのサービス開始を計画している

(25)

AI・IoT評論家:伊本貴士が紹介

●高級店の味もリモートで再現する味覚ディスプレイ

 

明治大学の宮下研究室が開発

その見た目からのりまきシンセサイザーと名付けられた

 

甘味、塩味、酸味、苦味、旨味の5つの味がする寒天がつけられ、

電気制御で甘味を減らしたり、酸味を減らしたりして、

味を引き算させて舌に伝わる味を調整し、どんな味でも再現できる

 

将来的にはネットで見た店の味を体感することも

(86)

スポンサード リンク