●AI・IoT評論家:伊本貴士」カテゴリーアーカイブ

AI・IoT評論家:伊本貴士が紹介

●高級店の味もリモートで再現する味覚ディスプレイ

 

明治大学の宮下研究室が開発

その見た目からのりまきシンセサイザーと名付けられた

 

甘味、塩味、酸味、苦味、旨味の5つの味がする寒天がつけられ、

電気制御で甘味を減らしたり、酸味を減らしたりして、

味を引き算させて舌に伝わる味を調整し、どんな味でも再現できる

 

将来的にはネットで見た店の味を体感することも

(41)

スポンサード リンク

AI・IoT評論家:伊本貴士が紹介

●離れた人の口の動きを再現するフェイスシェアリング

 

Aさんの口の動きをデータにして読み取り、

そのデータを違う場所にいるBさんの頬に取り付けた装置に送り、

Aさんの口の動きを再現する技術

 

海外の口の動かし方をデータ化し、

再現することで英会話習得に役立てられる

 

将来的には、手の動きを再現することを目指している

人間国宝が何を作る時の手の動きを再現することが開発目標となっている

(23)

AI・IoT評論家:伊本貴士が紹介

これからは面接も人ではなくAIが評価する時代に

●見た目に影響されず本来の能力を評価するAI面接

 

日本では170社、大手牛丼チェーン店の吉野家も採用している

AI面接は、スマートフォンやパソコンなどで

自宅で好きな時間に受けることが可能

 

AIは回答した答えに対して、深堀りして質問してくる

AIが評価する結果は10段階

見た目に影響されず本来の能力を評価する

(51)

スポンサード リンク