うつ病」タグアーカイブ

●目が疲れた場合の対処方法

 

眼評論家:林田康隆によると

目の奥に症状がある場合は温める、目の表面に症状がある場合は冷やした方が良い

 

現代人は目を酷使しているので、目の不調が多い

一般的に、目の疲れ(眼精疲労)は、目の奥の筋肉が疲労しているので

温めてあげるとほぐれる

 

目の表面の症状(痛み、しょぼしょぼ、充血)は、表面の炎症が原因なので血管拡張を抑えるイメージで冷やすと効果的

 

心理評論家:植木理恵によると

うつ病や自律神経失調症の初期に眼精疲労を訴える人が多い

温めようが冷やそうが効果がない場合、心が疲れている可能性がある

(42)

スポンサード リンク

心理評論家:植木理恵によると

見知らぬ他人から感謝されるのは、人間のエネルギーの根本

 

●電車の席を譲った人は、譲られた人よりも幸福感が3倍も持続する

電車に乗った時の、席を譲られた人と譲った人の比較を調査

譲られた人は、うれしく幸福感を感じるが、

譲った人は、譲られた人の3倍も幸福感が持続することが分かっている

 

ボランティアや寄付をしている人に、うつ病患者は少ない

(122)

心理評論家:植木理恵によると

●日焼けが好きな人は、うつ病になりにくい

太陽が好きな人は、うつ病になりにくい

 

20代で日焼けが嫌いな人は、将来のシミが心配

つまり日焼けが嫌いな人は、未来志向性が高い性格

 

●精神疾患は、将来を気にし始めた時から始まる

日焼けを気にせず今を生きている人は、精神疾患にはなりくい

(55)

脳科学評論家:澤口俊之によると

●B型は、産後うつ病になりにくい

だが、通常のうつ病になりやすいのは、B型

 

●AB型は、共感性が最も高い

 

●同性愛者は、RH⁻が多いことが分かっている

A型のRH⁻は、ゲイになりにくくB型のRH⁻が最も多い

 

科学鑑定評論家:雨宮正欣によると

●2つの血液型を持つ人が、70万人に1人いる

血液型キメラという現象

2つの血液型の抗原を持ち双子に多い

(84)

心理評論家:植木理恵によると

●マイナスの事を曜日のせいにすると うつ病になりにくい

 

例えば、いつかの火曜日にトラブルがあったせいで、

火曜日がブラックデーになっている人がいる

 

曜日のせいにできる人は、自分を責めなくてすむ

 

自分では動かせない曜日のせいにするとストレスになりにくい

(31)

スポンサード リンク