オキシトシン」タグアーカイブ

認知科学評論家:中野信子によると

身長の遺伝率は70%、残り30%は環境要因

●狭い家で育った方が身長が高くなる、かもしれない

友人や家族と触れ合うとオキシトシン(愛情ホルモン)が分泌される

オキシトシンが成長ホルモンと同じ役割を果たし、身体を大きくする可能性が考えられる

 

オキシトシンが多く分泌される環境で育つと

他人に気を遣うようになる

 

●傷口にオキシトシンを塗ると傷の治りが早くなる

母親が傷口を撫でてあげると治りが早くなる可能性がある

 

心理評論家:植木理恵によると

●子供時代に小さい家に住んだ方が頭が良くなる

イエール大学の研究結果

狭い家で楽しく暮らす方法を考えることで創意工夫する力が身につく

子供は縛りがある方がゲーム感覚でクリエィティブな気持ちになりやすい

(104)

スポンサード リンク

生物学評論家:池田清彦によると

●母親の声は子供のストレスを和らげる

テレビ電話で祖父母と話すのもお互いのストレス解消に効果的

 

肥満治療評論家:工藤孝文によると

●電話するだけでも愛情ホルモン オキシトシンが増える

抱き枕を抱きながら電話すると、さらに分泌される

 

心理評論家:植木理恵によると

●テレビ電話よりも耳だけの電話の方が、幸福度が上がる

聴覚への刺激だけで相手の顔や雰囲気を想像するので幸福度に繋がる

メールよりもテレビ電話、テレビ電話よりも電話の方が、相手を想える

(314)

経済評論家:門倉貴史によると

●15分のロングキスと30秒のハグで緊張がほぐれる

 

15分のロングキスをすると

ストレスホルモンのコルチゾールが減少し、

精神を安定させるホルモンのセロトニンが分泌される

 

30秒のハグをするとオキシトシンの効果で

1日に感じるストレスの32%が減少する

 

教育評論家:尾木ママによると

緊張するのはストレスホルモン コルチゾールのせい

30分自転車を漕ぐだけでストレスが緩和する

実際にフランスの中学校でペダルを漕いで授業する実験が行われている

(138)

マーケティング評論家:牛窪恵によると

●おしどり夫婦の妻は、ある日 突然爆発しやすい

おしどり夫婦の妻は、内助の功、支えているイメージが強い

男性は怒りをコップごとに溜められるが、

女性は怒りを同じコップにひとまとめに溜めていく

一杯なるラインを男性は分からない

献身的な妻ほど、くだらないことで突然爆発してキレやすい

 

認知科学評論家:中野信子によると

そういうタイプの女性は、相手のことを愛しすぎる

献身さは相手のためではなく、献身的な自分の行為が気持ちいいだけ

●キレるおしどり夫婦の妻は、尽くすことが気持ちいい

オキシトシンが高いために起きる現象と考えられる

オキシトシン濃度が高くなると愛情も高まるが、

思い通りにならないことがあったときに、いきなり攻撃に転じることがある

思い通りになるまで攻撃し続け、常軌を逸した行動に出ることがある

(269)

教育評論家:尾木ママによると

●娘は母と話すだけでストレス解消になる

7歳~12歳の小学生で調査

同じようなストレスを与えて、

1つの群には、直接会って母と話す、2つ目の群は、電話で母と話す、

3つ目の群は、SNSでコミュニケーション、4つ目の群は何もしない

コルチゾールを測ったところ、

直接会って母と話した群が最もストレスホルモン値が下がり、

癒しホルモンのオキシトシンが増加した

小学生の娘にとって母親の声は、とても重要であることが分かった

 

生物学評論家:池田清彦によると

ストレスには、良いストレスがある

細菌にさらされるのもストレスだが、免疫ができて長生きする

重力もストレスだが、筋肉が強くなる

(388)

スポンサード リンク