オキシトシン」タグアーカイブ

認知科学評論家:中野信子によると

オキシトシン(愛情ホルモン)は

成長ホルモンと似た働きがあり、肌を若く保ってくれる

●恋をしていると肌を若く保てる

恋で消耗する人もいるが、関係が良ければオキシトシンが分泌され、

肌の幹細胞を活性化する働きがある

 

疲労評論家:梶本修身によると

●恋をしているとスタイルをも良くなる

マサチューセッツの総合病院の研究

オキシトシンが分泌されると

食事量が減少、基礎代謝が向上、脂肪燃焼効果が高まる結果が出た

(142)

スポンサード リンク

認知科学評論家:中野信子によると

脳にも24時間のリズムがあり、

19歳が最も夜型と言われている

そこからどんどん早くなり、

●朝が早い人は、脳が高齢化している

高齢になると夜が弱く、朝が強くなる傾向にある

 

●父と母の愛情の差は、オキシトシンのせい

出産時にオキシトシンを分泌し、だいたいの母親は無条件に子供に愛情を持つ

父親は子供といるうちに徐々にオキシトシンが増えて愛情を持つ

 

●DNA鑑定依頼の半数は、夫の子ではないという結果

(169)

疲労評論家:梶本修身によると

オキシトシンは、抗ストレスホルモンと呼ばれている

最近の研究で、オキシトシンが食欲中枢を抑制して

内臓脂肪を減少させる効果があることが分かった

 

認知科学評論家:中野信子によると

●オキシトシンが出やすい人は、人を信用しやすく騙されやすい

 

マーケティング評論家:牛窪恵によると

●オタクはオタクでない人と結婚すると不幸になる

20代~60代の既婚者4000人を対象に幸福度とオタク度の関係を調査

オタク同士の結婚は、幸福度が平均より格段に高く、

夫が非オタク、妻がオタクの幸福度が最も低かった

(209)

認知科学評論家:中野信子によると

猫や犬と人間の関係を調べた実験がある

犬と見つめあうと人間はオキシトシンが分泌される

犬とつながりあっていて心地よい気持ちになる

しかし猫ではその効果が見られない

 

絆とは、ヒエラルキー(組織)

組織性を重要視する人は、犬が好き

 

猫は気ままに振舞うことで刺激を脳に与える

刺激が好きな人が、猫好きになりやすい

●犬好きは組織を重要視、猫好きは刺激が好き

犬好きな人は、自分が思っていることは相手も思っているに違いないと思いがち

(160)

認知科学評論家:中野信子によると

身長の遺伝率は70%、残り30%は環境要因

●狭い家で育った方が身長が高くなる、かもしれない

友人や家族と触れ合うとオキシトシン(愛情ホルモン)が分泌される

オキシトシンが成長ホルモンと同じ役割を果たし、身体を大きくする可能性が考えられる

 

オキシトシンが多く分泌される環境で育つと

他人に気を遣うようになる

 

●傷口にオキシトシンを塗ると傷の治りが早くなる

母親が傷口を撫でてあげると治りが早くなる可能性がある

 

心理評論家:植木理恵によると

●子供時代に小さい家に住んだ方が頭が良くなる

イエール大学の研究結果

狭い家で楽しく暮らす方法を考えることで創意工夫する力が身につく

子供は縛りがある方がゲーム感覚でクリエィティブな気持ちになりやすい

(557)

スポンサード リンク