カビ」タグアーカイブ

心理評論家:植木理恵によると

梅雨は、特有のカビ臭がある

 

●カビ臭は、子供の集中力や計算力を10%も下げる

 

カビの臭いがしない家に比べて、

カビの臭いを放置している家は、

子供の集中力や勉強する力が下がる

(120)

スポンサード リンク

疲労評論家:梶本修身によると

●耳かきのしすぎ、イヤホンの長期使用で耳の中にカビが生える

 

耳かきのしすぎで耳の中に炎症を起こす人が増えている

 

本来 耳垢は、外からの埃や細菌の侵入を防ぎ、自然に耳から出てくる

耳かきをして炎症を起こし、炎症が痒みを引き起こし、

また耳かきをする悪循環を起こす

 

さらに最悪なのが綿棒

綿棒の説明書には、耳の外を洗う、拭くものと書かれている

1㎝以上耳の中に突っ込んだら危険

やり過ぎると耳奥でカビが発生して髄膜炎になり命の危険もある

 

イヤホンの長期使用も、耳の中に湿気がこもり、カビが繁殖しやすい

(251)

アレルギー評論家:谷口正実によると

日本でアレルギーを持つ患者は2、3人に1人

梅雨から8月にかけて悪くなるのが、カビアレルギー

●7、8月に咳や鼻詰まりが出る人は、カビアレルギーの人が多い

ダニやペットアレルギーは、夏場 悪化しにくい

気になる人は、血液検査を受けることで

かなり正確にアレルギー源が分かる

 

環境評論家:武田邦彦によると

●日本の住宅は、梅雨対策で造られてきた

木造建築は、通気性に優れており、カビが生えにくい造りになっている

昔の家は、通気性が高かったが、

最近の建築は気密性が高く、湿気などがこもりやすくなっている

(60)

アレルギー評論家:谷口正実によると

●全ての人の頭皮には、マラセチアというカビが棲みついている

 

湿気が多かったり、洗髪が悪いと

マラセチアが増えて、フケや痒みの原因になる

 

フケや痒みを抑えるシャンプーには、

ほとんどカビを抑える成分が入っている

 

マラセチアは、他の悪いカビや菌を押さえてくれる効果がある常在菌、

あくまで増えすぎなければ問題ない

(68)

●梅雨の時期 観葉植物がある部屋はカビが増えやすい

元気な観葉植物であれば、室内の空気を綺麗にする効果もあるが、

枯れ始めると蒸散作用と言い、

1日に1リットル近く水を放出する植物がある

 

植物は、地下から水を吸い上げて、

葉から水を蒸発させて体を冷やしている

観葉植物を部屋に置くのは、加湿器を置くのと一緒

梅雨時期は、観葉植物をベランダに移動させ、

室内に湿気がこもらないように対策した方が良い

 

マーケティング評論家:牛窪恵によると

●髪の毛にもカビが生える

(194)

スポンサード リンク