コミュニケーション」タグアーカイブ

Q:多趣味な方ですか?それとも趣味は少ないですか?

A:多趣味 B:少ない

●趣味が少ない人は、コミュニケーションが苦手ですぐにテンパる

 

法律評論家:堀井亜生によると

テンパる人は、狭いコミュニティや変化の少ない環境で育った人が多い

 

趣味が少ない人は、同じことを続ける安心感で変化を好まない傾向がある

価値観がある人としか交流せず、反対意見が出るとテンパりやすい

 

多趣味な人は、友達の範囲が広く、色々な人を受け入れられる

(154)

スポンサード リンク

生物学評論家:池田清彦によると

●幼少期 犬や猫を飼うと人を見る目が養われる

 

犬や猫の感情は、表情に出る

 

人は、口で騙される

 

喋られない犬や猫とコミュニケーションできる子は、

言葉以外で直感的に信頼関係を判断できるようになる

(153)

脳科学評論家:澤口俊之によると

性格の研究は、動物実験が多いが

●知能は母親、性格は基本的に父親に似る

知能や性格などへの遺伝の影響は、

大人になってから強く出やすい

乳幼児は、父親の行動を見て、真似たがる傾向がある

 

幼児教育評論家:大野将平によると

生物学評論家:池田清彦によると

言葉を理解する前、生後4か月で表情などを通じ、

コミュニケーションが分かるようになり、

その後、徐々に言葉を理解する

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●乳幼児は、文法を理解している

乳幼児に「好き」「嫌い」を同じトーンで言っても

脳の活動に違いがあることが分かった

(582)

腹黒い人診断

 

Q:自分の欠点を他人に笑顔で話せますか?

A:笑顔で話す B:話さない

 

生物学評論家:池田清彦によると

自分の欠点を笑顔で話す人は、正直者と思わせたい腹黒い

 

普通は欠点を話すことをしない

話す人は、欠点を先に話すことで自分は正直者とアピールしたい

腹黒い人は、自分のことを信用させようと先に欠点を話す

 

●コミュニケーションが上手い人は、戦略として自分の欠点を武器にする

(200)

生物学評論家:池田清彦によると

●子供が1歳未満の時のコミュニケーションが大事

約1歳まではの子供は話さない

言葉以前の対面のコミュニケーションが大切

以前は、4歳くらいならないと

相手の心が分からないと言われていたが、

1歳未満の子供でも相手の心が分かると考えられている

 

親がきちんとした日本語で話しかけるのは子供には好影響

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●0歳児は、すでに文法を理解している

赤ちゃんは生まれた直後から、文法の規則を習得し始める

もしかしたら意味まで分かっているんじゃないか?という研究者もいる

赤ちゃんに話しかける言葉には注意した方が良い

 

●親の仲が悪いと子供のIQが低下する

乳児の前でも夫婦喧嘩は要注意

(683)

スポンサード リンク