コミュニケーション」タグアーカイブ

脳科学評論家:澤口俊之によると

●末っ子はリスキーなことが好き

●末っ子はコミュニケーション能力が高い

 

加齢医学評論家:岡本宗史によると

足立区で5000人の親子にアンケートとったところ

●末っ子は不注意や問題行為が少ない

●末っ子は打たれ強い

真ん中っ子は、末っ子の次に打たれ強い

 

●末っ子はボランティア精神も高い

 

●末っ子はアレルギー疾患にかかりにくい

末っ子は小さい頃から兄や姉が病原体などに適度に曝露され、免疫が早くに構築されア

レルギー疾患を発症しにくい

 

マーケティング評論家:牛窪めぐみによると

●末っ子はユーモアのセンスがある

末っ子の46%が自分にはユーモアのセンスがあると感じている

 

疲労評論家:梶本修身によると

兄弟で大リーグに入ると弟の方がホームラン率が2.78倍高い

●兄より弟の方がホームランを多く打つ

さらに、兄より弟の方が、在籍年数が5.5倍長い

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●末っ子の方が、盗塁に成功する

兄よりも弟の方が、盗塁成功率が約3.2倍

 

2つ理由が考えられる

弟や妹は、兄や姉に交じってスポーツを始めるのが早く真似る相手がいるため上達も速い

もう一つが、下の子はコミュニケーション能力が高く社交的なので団体スポーツが得意

 

法律評論家:堀井亜生によると

●末っ子は、意思決定が苦手

(72)

スポンサード リンク

心理評論家:植木理恵によると

●自分で考えない人は、逆ギレしやすい

自分で考えない人になるには、

1、相手を認めて信頼している場合

2,自分の意見を却下されてきた場合→学習性無力感という

 

自分で考えない人は、コミュニケーション上 タチが悪い

通常 人は、自分の発案は優れていると思い、

他人の発案の粗は見つけやすい

いつも自分で考えない人は、

他人にアイデアを出させた上にケチをつける

 

認知科学評論家:中野信子によると

人見知りせず社交的な人=開放性な人

●開放性の高い人の方が、お金を儲けられる

開放性が高い人は落ちているチャンスに気づきやすく、

結果的に稼ぎが良くなりやすいという研究がある

(202)

心理評論家:植木理恵による

●禁止実験の末に分かった人間の不思議

人間は放っておいたら何語を喋るのか?を昔から研究されてきた

犬は教えなくてもワンワンと鳴く、猫はニャーニャーと鳴く

ローマ帝国のフリードリヒ2世は、

人間は放っておいたら人間語は何を言うのか?を調べた

捨て子の乳児をたくさん集めて、養育環境を保ったうえで

言葉を教えない、コミュニケーションをとらないを続けたところ、

2年以内にすべての乳児が死亡した

 

人間は、コミュニケーションがないと命に関わることが判明した

人間は生後~2歳までのコミュニケーションやスキンシップが重要

(504)

Q:多趣味な方ですか?それとも趣味は少ないですか?

A:多趣味 B:少ない

●趣味が少ない人は、コミュニケーションが苦手ですぐにテンパる

 

法律評論家:堀井亜生によると

テンパる人は、狭いコミュニティや変化の少ない環境で育った人が多い

 

趣味が少ない人は、同じことを続ける安心感で変化を好まない傾向がある

価値観がある人としか交流せず、反対意見が出るとテンパりやすい

 

多趣味な人は、友達の範囲が広く、色々な人を受け入れられる

(327)

生物学評論家:池田清彦によると

●幼少期 犬や猫を飼うと人を見る目が養われる

 

犬や猫の感情は、表情に出る

 

人は、口で騙される

 

喋られない犬や猫とコミュニケーションできる子は、

言葉以外で直感的に信頼関係を判断できるようになる

(241)

スポンサード リンク