コルチゾール」タグアーカイブ

疲労評論家:梶本修身によると

ストレスを発散させる時に映画を観るなら

●軽めのストレスを発散するなら笑える映画、重たいストレスを発散するには泣ける映画を観るとよい

人間関係の乱れや仕事などのモヤモヤした日常の軽いストレスは、

ストレスホルモンと言われるコルチゾールが多い状態

笑うことでコルチゾールが減り、ストレスが緩和する

 

破局、会社をクビなどシビアな重たいストレスは、泣ける映画の方が良い

泣ける映画は、心の痛みや辛さを共感する

脳の中の内側前頭前野は、共感する中枢と呼ばれている

共感することで一気に血流が増える

すると副交感神経に急激にシフトするので一気にストレスが緩和する

(35)

スポンサード リンク

疲労評論家:梶本修身によると

朝に飲むコーヒーは悪くないが、

●寝起きに眠気覚ましのコーヒーを飲むのは、逆効果

コルチゾールには、血圧や血糖値を上げる働きがある

このコルチゾールは、起床時がピーク

ピークになっているからこそ、朝起きてからすぐに活動できる

カフェインには、コルチゾールを上げる作用がある

朝起きてコーヒーを飲むと、コルチゾールが一気に上昇し、

仕事を始める2、3時間後に低下し、眠気、だるさを感じるようになる

 

仕事を始める前にコーヒーを飲むとちょうどよい目覚め方になる

(47)

経済評論家:門倉貴史によると

●15分のロングキスと30秒のハグで緊張がほぐれる

 

15分のロングキスをすると

ストレスホルモンのコルチゾールが減少し、

精神を安定させるホルモンのセロトニンが分泌される

 

30秒のハグをするとオキシトシンの効果で

1日に感じるストレスの32%が減少する

 

教育評論家:尾木ママによると

緊張するのはストレスホルモン コルチゾールのせい

30分自転車を漕ぐだけでストレスが緩和する

実際にフランスの中学校でペダルを漕いで授業する実験が行われている

(144)

統合医療評論家:亀井眞樹によると

●ストレスは、突然死を招く

これまで知られていなかった突然死のメカニズムで、

ストレスは突然死の原因としてクローズアップされている

 

ストレスは まず脳で感じ、自律神経を介し、副腎に伝わる

副腎からストレスホルモンであるコルチゾールが分泌される

そのコルチゾールが、様々な現象を引き起こし、

最悪 突然死に至ることが分かった

 

人は生きている限り、大小のストレスを感じる

大きなストレスを抱えると、小さなストレスが見えなくなる

小さなストレスから解決していくことで、

視野が広くなり、大きなストレスの解決につながる

(315)

ホンマでっか!?TVで紹介

本性が分かるクセの真実

 

運動生理学評論家:谷本道哉によると

●うつむいてのスマホ操作はクビに20㎏の負担がかかる

 

頭部の重さは6㎏

頭が前に出れば出るほどてこの原理が負荷がかかる

うつむいてスマホを操作する角度は45度

45度は4.5倍の不可となるので負担が約20㎏ほどに相当する

 

●うつむいてのスマホの操作は精神的な影響も

ストレスに関係のあるコルチゾールというホルモンが上昇

やる気&リラックスに関係するテストステロンが下がる

(393)

スポンサード リンク