コロラド大学」タグアーカイブ

ホンマでっか!?TVで紹介

 

イギリスのデイリー・メールに掲載

●テントで寝起きすると不眠症が治る

アメリカのコロラド大学ボルダー校の研究チームが行った実験

8人の成人を対象に一週間の生活を観察する

テレビやパソコンなどの人工の照明やで生活すると

全ての人が夜中すぎまで起きていて朝8時に起床

この8名をキャンプにに連れて行き、一週間 テントで寝起きさせた

すると全員が朝6時に起き、夜10時に就寝する生活になった

体内時計を調べたところ、ちょうど2時間前倒しになっていた

●人工の光の下で生活すると体内時計が2時間遅れる事が分かった

遅れてしまうがゆえに、夜寝たくても眠れない

太陽光の下で生活する事で体内時計がリセットされ正常に戻る

 

睡眠に関係するメラトニンの分泌が人工光を浴びると

その後 2時間 分泌が減ってしまう

メラトニンが増えると始めて眠たくなる

●メラトニンは卵子を若く保つ働きがある事が分かってきた

 

●結果を踏まえて不眠症を治す6つの方法が提案されている

1、朝の散歩

2、窓際の机での仕事

オックスフォード大学の研究によると窓際で仕事をすると集中力が2倍になる

3、昼休みの散歩

4、TV・PCは就寝2時間前から見ない

5、夜は照明を抑えめに

6、部屋は真っ暗して就寝する

(959)

スポンサード リンク

ホンマでっか!?TVで紹介

秋の危ない習慣

 

アメリカのTIME誌に掲載

●太っている人を見るだけで食欲が増し食べる量が増加する

 

ポイントは見るだけ

一緒にいて一杯食べるのは当たり前

 

コロラド大学の実験、クッキーの試食室での調査

一方の人達には試食をさせる前に太った人の写真を見せた

もう一方の人達には痩せた人の写真を見せた

太った人の写真を見た人たちの方が試食枚数が多かったという

 

人間は直前に見たものに影響され易い

太った人=一杯食べると頭の中の回路が繋がり、

自分も同じような行動をとる傾向をがある

さらに大学生に試験を受けさせる前に

大学教授と合わせた群とモデルと合わせた群に同じ試験を解かせると

大学教授に会っていた人の方が点数が良い

 

この心理的影響をプライミング効果と云う

 

事前に提示された情報で脳内システムが変化する

視覚刺激以外の嗅覚刺激にも見受けられる

●同じ食べ物でも匂いが強いと食欲が減退する

(207)

スポンサード リンク