コーヒー」タグアーカイブ

肥満治療評論家:工藤孝文によると

麺類の中で蕎麦はカロリーが低いと言われているが、

●蕎麦を出汁で食べると食欲を抑えられることが分かった

うどんでも出汁で食べれば、食欲を抑えられるが、

蕎麦よりダイエット効果が落ちる

蕎麦はビタミン、ミネラル、カリウムが豊富なので

総合的に考えると蕎麦の方がダイエット効果が高い

 

●出汁で食欲が抑えられる理由

カツオ、煮干し、昆布の出汁には、セロトニンや

ドーパミンのような幸せホルモンを増やす成分が豊富

母乳や羊水にも同じ成分が含まれ、人間が好きな味で食欲が満たされる

 

●痩せやすい食べ方

出汁を先に飲むことで幸せホルモンが分泌され、食欲が満たされる

 

みちょぱはチャコールクレンズを500ミリリットルの水に入れて飲んでいる

チャコールクレンズは、活性炭と呼ばれる炭の一種で細かい穴に毒素などを吸着させ体外に排出する性質がある

●チャコールクレンズ+コーヒーで糖質を吸着させ血糖値を抑えるのでさらにダイエット効果がある

(16)

スポンサード リンク

疲労評論家:梶本修身によると

朝に飲むコーヒーは悪くないが、

●寝起きに眠気覚ましのコーヒーを飲むのは、逆効果

コルチゾールには、血圧や血糖値を上げる働きがある

このコルチゾールは、起床時がピーク

ピークになっているからこそ、朝起きてからすぐに活動できる

カフェインには、コルチゾールを上げる作用がある

朝起きてコーヒーを飲むと、コルチゾールが一気に上昇し、

仕事を始める2、3時間後に低下し、眠気、だるさを感じるようになる

 

仕事を始める前にコーヒーを飲むとちょうどよい目覚め方になる

(38)

疲労評論家:梶本修身によると

日焼けで一番心配なのが、皮膚がん

●コーヒーを飲めば、日焼けによる皮膚がんを抑えられる

10万人以上を対象としたハーバード大学の研究

1日コーヒーを3杯以上飲む女性は、全くコーヒーを飲まない女性と比べて

20%以上 皮膚がんの発生が少なかった

男性の場合は、その差は9%だった

 

コーヒーに含まれるカフェインが、

紫外線でがん化しやすくなった細胞を殺して

排出する効果があることが分かった

 

●カフェインを塗ると肌の炎症を抑え、皮膚がんのリスクが低下する

カフェイン入りのクリームは、今 製薬会社が作ろうとしている

(63)

破壊工学一筋:鹿瀬幸雄によると

●水素で焙煎したコーヒーを飲むと肌がツヤツヤになる

豆の中に水素を閉じ込めることに成功

抽出すると水素入りコーヒーとなる

 

温めても揮発しないため美肌効果がある

通常は長期保存、冷めると酸化で雑味が出るが、水素焙煎なら出ない

 

水素は揮発しやすい物質

沸かしてしまうと水素は残らない

 

水素を体内に入れることで老化の原因である活性酸素と結合し、

尿や汗となって体外に排出させる

(99)

スポンサード リンク