ストレス」タグアーカイブ

肥満治療評論家:工藤孝文によると

●マスク生活でヒゲが濃くなるワケ

マスクの摩擦によるダメージを軽減しようと毛が生えた可能性が高い

 

さらにストレスが、ヒゲが生える原因になっている

ストレスを感じると自律神経が乱れ、

ストレスホルモンが多く分泌される

ストレスホルモンは、男性ホルモンと似た作用があるため

ヒゲが映えた可能性も考えられる

 

●女性のヒゲ予防は、キャベツの千切りが効果的

ストレスホルモンを減らすには、

ダンスなどのリズム運動をしてセロトニン(幸せホルモン)を増やすこと

でもダンスはなかなかできない

キャベツの千切りをリズムよくやるとセロトニンが増えると言われている

さらにキャベツを食べることで、

女性ホルモンを増やす栄養素ボロンも摂取できるためヒゲ予防になる

(89)

スポンサード リンク

生物学評論家:池田清彦によると

●自然の音は、ストレス減に効果的

自然の中には聞こえない領域の音があり、

その音を聞くことでストレス解消につながる

 

心理評論家:植木理恵によると

鏡が部屋の中にどれくらいあるかが、心の健康度と関係している

アメリカで大学生700人を対象に調査

普段から手鏡を見るタイプの学生は、

全く見ない学生より、顕著にメンタルヘルスが良好だった

 

自分の内面を考えると人は心が病みやすい

外見を気にする人は、心が病みにくい

 

鏡を見るとより良く修正しようとする気持ちが動くので心の健康に効果的

(35)

生物学評論家:池田清彦によると

●母親の声は子供のストレスを和らげる

テレビ電話で祖父母と話すのもお互いのストレス解消に効果的

 

肥満治療評論家:工藤孝文によると

●電話するだけでも愛情ホルモン オキシトシンが増える

抱き枕を抱きながら電話すると、さらに分泌される

 

心理評論家:植木理恵によると

●テレビ電話よりも耳だけの電話の方が、幸福度が上がる

聴覚への刺激だけで相手の顔や雰囲気を想像するので幸福度に繋がる

メールよりもテレビ電話、テレビ電話よりも電話の方が、相手を想える

(152)

心理評論家:植木理恵によると

Uber Eatsは心理学的にうまくできてると思う

今までの出前形態と違い、

今どこまで来ていて、あと何分かかるかが明瞭に分かる

●人は待つことに強いストレスを感じる

 

イスラエル大学の研究で

人が電話を待てる限界値は、108秒であることが分かった

108秒までに7~8割の人が切ってしまう

 

呼び出し音ではなく、電話を切らずに108秒間相手が待てるかの実験では、

「申し訳ございません」の言い続ける、

クラシック音楽を流すでも108秒までに切られてしまう

「現在あなたは〇番目です」と順番を教えると、

ほとんどの人が切らないことが分かった

 

どれくらい待てばいいのかが大事であることを上手く生かしたのは日本人

遊園地や銀行、処方箋薬局などで番号札を配り始めた

待ち時間を表示されたりすると人はストレスをあまり受けずに待てる

(29)

経済評論家:門倉貴史によると

●15分のロングキスと30秒のハグで緊張がほぐれる

 

15分のロングキスをすると

ストレスホルモンのコルチゾールが減少し、

精神を安定させるホルモンのセロトニンが分泌される

 

30秒のハグをするとオキシトシンの効果で

1日に感じるストレスの32%が減少する

 

教育評論家:尾木ママによると

緊張するのはストレスホルモン コルチゾールのせい

30分自転車を漕ぐだけでストレスが緩和する

実際にフランスの中学校でペダルを漕いで授業する実験が行われている

(92)

スポンサード リンク