ストレス」タグアーカイブ

心理評論家:植木理恵によると

Uber Eatsは心理学的にうまくできてると思う

今までの出前形態と違い、

今どこまで来ていて、あと何分かかるかが明瞭に分かる

●人は待つことに強いストレスを感じる

 

イスラエル大学の研究で

人が電話を待てる限界値は、108秒であることが分かった

108秒までに7~8割の人が切ってしまう

 

呼び出し音ではなく、電話を切らずに108秒間相手が待てるかの実験では、

「申し訳ございません」の言い続ける、

クラシック音楽を流すでも108秒までに切られてしまう

「現在あなたは〇番目です」と順番を教えると、

ほとんどの人が切らないことが分かった

 

どれくらい待てばいいのかが大事であることを上手く生かしたのは日本人

遊園地や銀行、処方箋薬局などで番号札を配り始めた

待ち時間を表示されたりすると人はストレスをあまり受けずに待てる

(10)

スポンサード リンク

経済評論家:門倉貴史によると

●15分のロングキスと30秒のハグで緊張がほぐれる

 

15分のロングキスをすると

ストレスホルモンのコルチゾールが減少し、

精神を安定させるホルモンのセロトニンが分泌される

 

30秒のハグをするとオキシトシンの効果で

1日に感じるストレスの32%が減少する

 

教育評論家:尾木ママによると

緊張するのはストレスホルモン コルチゾールのせい

30分自転車を漕ぐだけでストレスが緩和する

実際にフランスの中学校でペダルを漕いで授業する実験が行われている

(74)

マーケティング評論家:牛窪恵によると

●血液型によって失恋からの立ち直りの早さが違う

全国の女性たちを対象に失恋からどうやって立ち直るかを調査

AB型:おこもり型が多い、失恋したら家にこもる

B型:発散型が多い、趣味や仕事に没頭、体を動かす

A型:執着型が多い、ストーカー気質

O型:シェア型が多い、他人に愚痴を言う

 

さらに失恋に関するストレス点数を算出

●B型は、恋愛や配偶者によるストレス値が非常に高い

対策は、とにかく寝てください

(141)

脳科学評論家:澤口俊之によると

●認知症の発症率が最も高いのが、AB型

AB型は、後年になって認知機能や思考力が、

O型に比べて約1.8倍 低下しやすい

適度な運動を行えば認知機能の低下は抑えられる

 

●O型は、ストレスを感じたら長引く

O型はストレスを感じるまでに時間がかかり、立ち直りにも遅い

さらに有酸素運動の効き方もO型が最も遅い

(48)

心理評論家:植木理恵によると

アメリカで、漫然とコンビニエントに手に入る同じ物を

食べ続ける20代を調査した結果

5年後、攻撃性が高まったり、

ストレス耐性が低くなることが分かった

●漫然と同じ物を食べ続けると攻撃性が高まり、ストレスに弱くなる

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●怒ると物欲が高まる

怒らなければ物欲は高まらない

物欲と怒りは、同じ脳領域

怒ると怒りを鎮めるため物欲が高まってしまう

(46)

スポンサード リンク