ストレッチ」タグアーカイブ

疲労評論家:梶本修身によると

スポーツをする前にストレッチをするものだが、

●45秒以上のストレッチをする方が、ケガのリスクが高くなる

ストレッチは、15秒以内が最も良い

45秒以上 身体を伸ばし続けるストレッチをすると

筋肉の瞬発力が平均5%低下する事が分かった

筋肉繊維が伸びて腱の弾力性を失い、

関節や靭帯への負荷が高まり捻挫やヘルニアを起こしやすいことが分かってきた

 

一定時間同じ体勢で伸ばし続ける静的ストレッチを45秒以上キープすることがケガにつながる

関節の可動範囲全体を大きく動かす動的ストレッチは、良い

(36)

スポンサード リンク

●怪我の予防に運動前のストレッチは意味がない

ストレッチで長く伸ばしすぎると、筋肉がたるみ、緩んでしまう

45秒以上伸ばすと確実に筋肉がたるみ、

筋肉が関節を保護する役割を果たせなくなる

15秒など短時間のストレッチは、体の動きがよくなる

 

●ストレッチをしすぎると力が出なくなる

ストレッチをしすぎると筋肉がたるみ、瞬間的な力が出なくなる

運動前には、ブラジル体操など動的ストレッチをするほうが良い

寝る前や運動後は、ストレッチで長く伸ばしても良い

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●ストレッチ体操は、脳機能向上に意味がない

脳機能向上に効果があるのは、ジョギングなどの有酸素運動

(108)

スポンサード リンク