ダイエット」タグアーカイブ

美容医療評論家:上原恵理によると

これまでダイエットは、根性や努力だったが、

●全く運動せずに筋肉トレーニングできるダイエットマシンEMSCULPT

 

EMS(筋肉刺激パッド)の10億倍のパワー

30分で腹筋2万回相当

 

高密度焦点式電磁(HIFEM)エネルギーを目標組織に照射することにより

筋肉組織における強力な筋収縮を引き起こす

 

医療器具のため医師免許を持つ医師しか扱えない

クリニックによって異なるが、相場は、約10万円(30分)

(18)

スポンサード リンク

マーケティング評論家:牛窪恵によると

●ダイエットを成功させるには、体重測定を水曜日にした方が良い

毎日測るのがベストだが、5~7日に一度測る人が多い

 

コーネル大学の研究によると

●体重が最も減りやすいのが、水曜日

土日は、ご馳走を食べすぎることが多く、体重が増えてても言い訳にする

水曜日は、正確な体重が出やすいため、自制に繋がりやすい

(7)

さんまのために木村拓哉が買ってくれたのが、

「ストレッチロールS」

 

 

一流アスリートから一般の老若男女まで

幅広い層に使われている健康器具

 

筋トレやダイエットなどをサポートしてくれる

 

特徴は、3分間で約1.2万回も振動する機能

振動により筋肉の柔軟性をあげ、効率的なストレッチができ、

健康的な体作りや怪我の予防にも効果がある

(50)

骨格筋評論家:岡田隆によると

●思春期のダイエットでは、過度な脂質制限はしない方が良い

 

小学生からダイエットをしたいニーズが女子に多いが、

脂質制限はしない方が良い

 

脂質はエネルギー量が多く、制限すると痩せやすい

 

だが思春期は、性ホルモンが多く分泌し、

女性らしい、男性らしい体になる大事な時期

 

その時期に食べるエネルギーが足りないと、

性ホルモンの分泌能力が落ちる

 

良く食べて動く、が思春期のダイエットに向いている

(35)

●炭水化物抜きダイエットは、意味がない

流行している炭水化物抜きダイエットは、

特別な効果があるわけではないということが

イギリスの大規模な実験で明らかになった

600人を対象に低炭水化物ダイエットの群と

低脂質ダイエットの群に分け、1年間続けてもらった

結果、5、6キロ痩せただけで2つの群に差はなかった

 

●炭水化物抜きダイエットが特別効果があるわけではない

また炭水化物を減らすとトレーニングの

パフォーマンスが落ちるという研究もある

●炭水化物を抜くと運動効果が減少する

エネルギーになる炭水化物は、運動効率を上げるのに必要

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

11種類のダイエットを比べたところ、わずかな差しかなかった

●リバウンドを繰り返すと死亡リスクが高まる

(236)

スポンサード リンク