ハーバード大学」タグアーカイブ

心理評論家:植木理恵によると

●女性は男性に気の利いた話を求めていない

女性は自分が楽しい話をしてる気分にさせてくれる男性を好む

男性が自分の話ばかりプレゼンすると

また会いたいと思う率が下がる

 

●女性にとって無言は価値観が合わないと思う瞬間 第1位

ハーバード大学で600人の男女を無作為に

2人組にして20分間会話させる実験が行われた

その後、女性が「また会いたい」と思ったのは300組中 たったの30組

その30組の男性が20分間に行っていたのが、

女性に9つ以上の質問をしていた

逆に自分の話ばかりしていた男性は、また会いたいと思われなかった

(58)

スポンサード リンク

マーケティング評論家:牛窪恵によると

ハーバード大学の調査

●お魚をよく食べる夫婦は、子供ができやすい

 

週2回以上 魚を食べた夫婦が、

1年以内に妊娠したのが92%だった

 

心理評論家:植木理恵によると

女性が男性と話すときの約5割は、

本心とは反対のことを言う傾向がある

(65)

脳科学評論家:澤口俊之によると

片頭痛が長年続くと脳の構造が変わる

●眩しい光を見るだけで片頭痛が起きる

その原因は、

眩しい光を見ることで、脳の視覚野が異常活動をきたし、

痛みに関する脳領域まで伝わる

それは目の血管が原因ではなく脳の異常活動が原因

 

ハーバード大学の医学部の実験によると

緑の光を見ると片頭痛の痛みが20%も軽減したことが分かった

●植物などの通常の緑色を見るだけでも片頭痛の痛みが軽減する

 

片頭痛を長期的に治すには、有酸素運動を定期的にすること

有酸素運動をすると脳の神経栄養因子などが作られ、片頭痛改善に効果を発揮する

(112)

認知科学評論家:中野信子によると

●ストレスに対する感受性は、生まれつき

遺伝や生育環境によりストレスに強いか弱いかが決まる

 

●幼い時にスキンシップを受け、良い言葉をかけられるとストレス耐性が高くなる

 

ハーバード大学のエイミーという研究者によると

強いポーズと弱いポーズを

2分間やってもらい、ストレスホルモンを調査

●強いポーズをとるとストレスホルモンが下がることが分かった

逆に弱いポーズをとると、それだけでストレスホルモン値が高くなった

(177)

脳科学評論家:澤口俊之によると

将来を見据える能力は、人間にしかない

人間に最も近いチンパンジーでさえ、

1日先しか考えることができない

 

ハーバード大学の研究

卒業生で目標を言わなかった群と目標と計画を書いた群の

10年後を調べた結果、年収が10倍も差が開いた

●目標や計画を紙に書くと10年後の年収差は約10倍

 

たとえ目標を達成していなくても、

前向きに修正しながら結果的に収入増加につながる

(96)

スポンサード リンク