メール」タグアーカイブ

マーケティング評論家:牛窪恵によると

●相手への思いやりがある人ほど、メールの返信が遅くなっている

メールが来て、返信を1日以上待てる人は、4人に1人

返信が遅い人の割合は、どんどん増えている

メールの返信内容が正しく伝わるか不安でが、

返信が遅れる理由で最も多い

 

現代の若者は、恋愛の駆け引きで、

あえて既読スルーする作戦が主流に

焦らされることで余計気になり、

好きと勘違いしてしまう効果がある

(35)

スポンサード リンク

生物学評論家:池田清彦によると

●メールをすぐ返信する人は嫌われる

返信が早いとすぐ介さないといけないと感じてうざく思われる

 

教育評論家:尾木ママによると

嫌いな人には男女差がある

女性の場合は、たいしたことないのに派手な人を嫌うが、

●声のトーンが高い男性は、男性に嫌われる

声が高すぎると自信なさそうに聞こえるから

(359)

精神医学評論家:岡田尊司によると

●メールの返信が来ない不安から自殺を考える人も

見捨てられることに敏感な人が自殺まで考える

人間関係の土台となっているのは、愛着

愛着は、応答し合うことで成り立つ

求めたら応えることが凄く大事

メールにすぐに返事をすることで相手に安心感を与えられる

 

教育評論家:尾木ママによると

●同級生・クラスメイトという言葉は、死語になりつつある

学力向上のために合唱コンクールや体育祭などの団体行事が少なくなり、

クラス内での友達関係がSNSで繋がる関係に

 

40人のクラスで、SNSのグループで

繋がっている6人しか友達がいない状況

一旦、SNSのグループから外れると自分の居場所がなくなってしまう

(353)

法律評論家:堀井亜生によると

よく男性から不倫相手と別れたいと相談を受ける

メールの返信を欲しがっているタイミングよりも

一歩遅らせるようにアドバイスしている

 

●不倫相手と別れたいときは メールのタイミングを一歩遅らせる

会話のキャッチボールが始まると

女性の感情はヒートアップするので

メールの返信を遅らせたり、2通に1通を返信したりすることで

相手の感情は徐々に収まっていく

 

●別れを切り出すメールは、晴れた日の昼間

穏便に別れるために、相手がポジティブな状況が望ましい

夜や週末は相手が、一人ぼっちの状況で暗い感情になりやすい

(233)

メールで分かる男の扱いが上手い女性診断

Q:彼氏とケンカした後、仲直りをしたいときのメール

 

熊切あさ美のメール“昨日はあさ美も言い過ぎちゃってごめんね…。やっぱりケンカは嫌だよね。これからもあさ美も気をつけるからね。これからもずっと一緒にいようね。愛してるよ💛”

 

紅蘭のメール“ごめんね!今夜は美味しいディナー行こー!”

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

男性の扱いが上手いのは、熊切あさ美のメール

ポイントは、3つ

1、謝るだけでなく相手に見返りがあるか?

2、自分の名前を入れているか?→親和感が湧く

3、短い文章か?

 

●男に見返りがあることを伝える文章が良い

相手が怒っているので見返りが、一番良い方法

“これからもずっと一緒にいようね”は、

自分のリソースを割いているので見返りになる

女性が男性に対して買ってあげるは、効果ない

男性から女性に謝る時は、物を買ってあげるのが効果的

 

●文章に自分の名前を入れると相手との親和感が増す

 

心理評論家:植木理恵によると

紅蘭のメールは、男女関係の主導権をとる

ケンカした時の誤りのメールでは、ケンカについて書いてしまいがち

“今夜は美味しいディナー行こー”は交渉術が一番上手

「今夜」で間を空けず、「ディナー」で切り替えている

間を空けずに提案するのは、完全に交渉権をとれる

(222)

スポンサード リンク