モテる」タグアーカイブ

若者文化評論家:原田曜平によると

東京リベンジャーズ、秘密の花園、池袋ウエストゲートパークなど

ヤンキーコンテンツが流行した

子供世代は周りにヤンキーがいないのでハリウッド映画観ている感覚

親世代はヤンキーを懐かしむ

●ヤンキー映画が流行るのは親子で楽しめるから

 

マーケティング評論家:牛窪恵によると

暴走族のピークは1982年

1982年は約4万人いた暴走族が、現在約4千人しかいない

●現在 暴走族はピーク時から9割減っている

現在のヤンキーはスマホでゆるく繋がり、気が向くときに集まっている

●ヤンキー映画は流行っても実際のヤンキーはモテない

が、

●女の子のヤンキーがモテる

ヤンキー女子が好き 20代男子43%、30代男子52%

サバサバしていて男の子を気にせず意見を言う女子が人気

(10)

スポンサード リンク

Q:恋愛は、自分から好きになる? 相手に言われてから好きになる?

 

法律評論家:堀井亜生によると

●告白されてから好きになる女性は、男運がない

 

相手の男性から告白されて付き合うのは、一見モテるように感じるが、

モテているようでモテていない

 

ナルシストの男性は、自分が1番で彼女は2番以下

自分に合う女性を探すため片っ端から告白している危険性がある

なかなか自分だけを好きになるような人はいない

 

なので自分も選んでいないような気がしているが、相手もたいして選んでいない

 

自分から好きになった男性が、運命の相手になる可能性が高い

(143)

疲労評論家:梶本修身によると

●ニンニクを食べたほうが、女性にモテることが分かっている

 

イギリスのスターリング大学の研究

42人の男性を対象に調査

ニンニクを食べる、ニンニクを食べないグループに分け、

脇汗パッドを装着して12時間放置

12時間後に82院の女性に脇汗パッドを嗅いでもらったところ、

圧倒的にニンニクを食べ他グループの方が魅力的と答えた

ニンニクをたくさん食べた方が、より人気が高かった

 

ニンニクに含まれるアリシンの分解物は、非常に強い抗菌力を持っている

その結果、脇の細菌の増殖を抑制し、

嫌な臭いを消してくれることが分かっている

(199)

心理評論家:植木理恵によると

一つの言葉にいろんな意味が含まれていることを

多義的なコミュニケーションという

●女性は、言葉に複数の意味を持って考える

 

子供は、一義的な意味しか使わないが、

大人になると色々な意味にとれる言葉のトリックを使うようになる

 

男性は、ざっくりなやりとりを高度と感じる

女性は、細かく説明する方を高度と感じる

 

●モテる人ほど、モテようとする

異性からの賞賛は、最大の報酬

中毒性がありクセになる

報酬が多いモテる人は、よりモテようとする心理が働く

面白い人は、より面白いことを称賛されるので、面白さが際立つ

(83)

脳科学評論家:澤口俊之によると

●骨盤が36㎝以上の女性は圧倒的にモテる

ここでいうモテるの定義は、一晩限りの関係

 

●アメリカではO脚の人は、ほとんど気にされない

日本でO脚が問題とされているのは、着物のせい

日本では着物文化に結び付いて内股で歩く方が粋とされてきた

 

印象評論家:重太みゆきによると

●食べ方が汚い人は、親近感がわいて悪い人には感じない

人は誰でも簡単にできることができない人には親近感がわきやすい

(412)

スポンサード リンク