モラハラ」タグアーカイブ

マーケティング評論家:牛窪恵によると

●上司のヌーハラが原因で会社を辞めた部下がいる

麺類(ヌードル)をズルズルすする音で

周りを不快にさせるハラスメント

職場に外国人が増えたことで言われ始め、

最近では若者も音や香りに敏感になっている

会食でそば うどんを食べないなど会社の規定で細かく定める会社も

 

法律評論家:堀井亜生によると

●家のライフラインを使わせないモラハラ夫がいる

猛暑の中、夫がエアコンをつけさせてくれず、

一緒に暮らせないという妻が相談してきた

ほとんどが妻が専業主婦で「俺の稼いだ金のエアコンだから使うな」

他にも「俺の稼いだ金だから水は飲むな」

細かく電気を消さないと怒るなど

 

ハラスメント評論家:倉本祐子によると

●上司にパワハラをする部下がいる

上司が下した評価が気に入らず、上司のデマを流して陥れる

ハラスメントハラスメント(ハラハラ)と何でもハラスメントにする部下

 

消費者心理評論家:池内裕実によると

●他の客の行動について店員に詰め寄るカスハラ(カスタマーハラスメント)が増加中

カスハラとは、客による著しい迷惑行為

直接本人に言う勇気がないから目の前の店員にチクる

 

マーケティング評論家:牛窪恵によると

●関西人だから面白いこと言えというカンハラが問題になっている

関西人だから仕切り好きだろと無理やり忘年会の幹事に

(68)

スポンサード リンク

法律評論家:堀井亜生によると

モラハラ系の人は、自分がしっかりしている分、

相手にイライラして喧嘩に発展しがち

 

●モラハラ系の男性は、おっとりした女性と結婚することが多い

またモラハラ系の夫の家庭は、子供が多い傾向がある

 

モラハラ系の男性は正義感が強く、

間違っていることが許せない

正義感強いので正しいことを正しく言ってしまうため、

実社会では上手くいかず、孤独を感じ、

家族にぬくもりを求め、大事にする傾向がある

(146)

法律評論家:堀井亜生によると

●路上キスは、公然わいせつ罪には当たらない

わいせつの定義は、イタズラに性欲を刺激せしめて、

普通人の正常な性的羞恥心を害し、善良な性的道義観念に反するもの

 

キスは、それに当たらない

 

路上キスを見て嫌な思いをする人が、

許せないと思うのは、物事の基準が自分にある

●自分が嫌なことを許せない人は、モラハラになりやすい

路上の他人に厳しい人は、家族にもっと厳しい

(250)

法律評論家:堀井亜生によると

サプライズする自分が好きな人は、モラハラ傾向

 

●モラハラする人やケチな人は、喜ばせる自分が好き

プレゼントを上げた時に喜ばなかったらムカつきやすい

 

ケチな男性は、相手が欲しいものより、

あげられる範囲のものを上げたがる

(276)

法律評論家:堀井亜生によると

●グイグイ誘ってくる男は、ブラックな可能性が高い

浮気性の男性は口説くのが上手い

モラハラ、DV男は、自己愛が強く押しが強い

 

一方、自分をわきまえている謙虚な男性は、

高嶺の花に僕なんかが…と引いてしまいがち

実は、謙虚な男性の方が、女性を大切にしてくれる人

 

女性はグイグイ来る中から選びがちだが、

一歩引いた男性の中で気になる人に

自分から行った方が上手くいく可能性が高い

 

誘ってくる男性とデートするのではなく

デートしたい人から誘われるように仕向ける

 

来る中から選ぶのは、選択肢が狭すぎる

(578)

スポンサード リンク