ワクチン」タグアーカイブ

生物学評論家:池田清彦によると

●トマトを使って色んなウイルスのワクチンを開発している

ウイルスの遺伝子をトマトに投入し、

トマトに抗原を作らせ、それを摂取することで人間の体に抗体ができる仕組み

食べればいいので注射する必要がない

 

疲労評論家:梶本修身によると

●胡椒を料理にかけるだけで冷え性予防、貧血、生理前のイライラが抑えられる

胡椒を吸った時にくしゃみが出る辛み成分をピペリンという

ピペリンには血管を拡張する作用があり、冷え性予防の効果がある

ピペリンとビタミンB6を一緒に摂取すると60%も効果が持続する

ビタミンB6の効果が持続すると貧血防止、女性ホルモンの分泌を活性化する

(26)

スポンサード リンク

脳科学評論家:澤口俊之によると

●インフルエンザのワクチンで認知症のリスクが低下する

インフルエンザのワクチンを年1回摂取している人は、

認知症リスクが17%も減ることが分かった

肺炎系のワクチンを接種すると認知症リスクが30~40%も減る

 

疲労評論家:梶本修身によると

●冷え性の改善には、チーズフォンデュがオススメ

鍋料理は体が温かくなるが、その時だけの一過性

冷え性体質を改善するには、筋肉から熱を出させる必要がある

それに向いているのが、チーズ

チーズには、鶏肉よりも分岐鎖アミノ酸(BCAA)が豊富に含まれている

チーズを食べると大量の熱が出て冷え性改善に効果的

(65)

疲労評論家:梶本修身によると

アメリカの国立衛生研究所とワクチンメーカーが

既に新型コロナのワクチン開発を進めている

 

従来のワクチンは、動物や孵化した卵で培養していたが、

●日本の企業がタバコの葉からワクチンを作る技術を開発

ウイルスの遺伝子を切り取り、

ウイルス様粒子を作ることに成功

それをタバコの葉に入れると増殖する

1か月で1千万人分のワクチンが生産できる

 

ワクチンを開発するまで10年かかっていたが、

ウイルスの遺伝子解析が済めば、

1か月でワクチンが開発できるようになった

●新型コロナウイルスの遺伝子解析は完了している

(232)

感染症対策評論家:岡田晴恵によると

●冬になると少ない年で数千人、多い年で3万人もインフルエンザで死亡している

インフルエンザで重症化しやすいのが、高齢者、乳幼児、妊婦

インフルエンザのワクチン接種を拒む妊婦が多い

はしかや風疹のワクチンは、

生きたワクチンなので妊婦は接種できないが、

インフルエンザワクチンはウイルスを殺すので妊婦でも接種できる

妊娠期にインフルエンザワクチンを接種すると

お腹の赤ちゃんにもワクチン免疫を与えられる

 

インフルエンザワクチンには限界があるが、

●予防接種した子供のうち、6割は予防できる

発症しても重症化するリスクは軽減できる

(78)

脳科学評論家:澤口俊之によると

●10年後、認知症のワクチンが開発される可能性がある

 

認知症の予防方法は、

1、目的、好奇心を持つ

2、孤独が一番まずいので、家族を持つ

 

究極の方法は、もう一度人生をすること

孫の世話をすることは、もう一度人生を繰り返す意味合いがある

 

男性の場合は、50歳以上で結婚し子供を作り育てることもよい

(49)

スポンサード リンク