先生」タグアーカイブ

脳科学評論家:澤口俊之によると

●座って食べると立って食べるでは、味が変わる

座っているよりも立っている姿勢の方が、苦みが低く感じる

子供に苦い薬を飲ませるときは、立たせた方が良い

姿勢や平衡感覚ですら味覚に影響する

 

●箸でポップコーンを食べるとより美味しくなる

新奇的な行動をすることで味覚が高まり美味しく感じる

繰り返すことで味覚の高まりは薄れる

 

心理評論家:植木理恵によると

●子供からいじられる先生は、優秀

幼稚園でも小学校でも子供からいじられる先生は、

怯えて本当のことを言われない先生より、優秀

子供からいじられる先生の特徴は、

リアクションが大きい、笑い上戸

(48)

スポンサード リンク

ホンマでっか!?TVで紹介

今どきの最新教育事情

 

心理評論家:植木理恵によると

最近ニュースなどで学校の先生の不祥事が取り上げられる

それはごく一部…

日本の学校の先生は相当な教育のエキスパート

 

●先生の見る目はコンピュータより優れている

欧米の実験によると

1つの群には子供の適正や生活様式をコンピュータがデータを解析

もう一つの群は先生の印象を比べたところ、

先生の印象の方が断トツに見る目があったという

 

子供の進学先や職業などの適性判断は、

感性で先生がとても優れている事が分かった

 

●米国では企業が入社希望者の適性を学生時代の先生に聞く

猫を被って入社試験を受けに来る判断として

中学、高校の時、どんな子だったか?を恩師に聞きに行く事があるという

(325)

ホンマでっか!?TVで紹介

今どきの最新教育事情

 

教育方法学評論家:藤村裕一によると

出席をとる、のは昔から変わらずにある習慣

 

しかし…

●最近の先生は出席とりに苦労している

 

昔は名簿見たら出席とりやすい誰でも分かる名前だった

 

原因は、生徒のキラキラネーム

 

●近年 先生が読めない生徒の名前が急増

 

最近では異学年合同で活動する機会が増え、

担任以外の先生も指導する

(353)

ホンマでっか!?TVで紹介

今どきの最新教育事情

 

2014年4月25日の読売新聞に掲載

●生徒が先生の授業を5段階評価する制度が開始

 

長野県の小、中、高などで導入

 

年2回、子供たちも保護者も学校を評価する

 

評価はマークシート形式

 

低学年の子は親が代筆で回答する

 

子供がつけ上がるなど懸念されている面もあるが、

今のところ授業改善に効果がある

(330)

ホンマでっか!?TVで紹介

 

最新教育事情

 

学校心理評論家:田村節子によると

 

●子供たちのイジメの対象が先生に移行

 

本来は親に向かう反発心が先生に移行している

 

●病気休職した20代の先生の7割が精神疾患

 

精神疾患で給食した先生の6割が勤務3年未満

 

●先生は夏休み中 買い物しただけで学校に連絡される

(439)

スポンサード リンク