免疫力」タグアーカイブ

環境評論家:武田邦彦によると

玄関に靴を置きっぱなし、廊下に段ボールがあるなど

●片付けられていない家は、風邪をひきやすい

玄関に靴が散乱していると、通るたびに昼間の嫌なことを思い出す

そのストレスにより、免疫力が衰える

段ボールを見るたびに片付けなくてはいけないと考える

そのストレスにより、免疫力が衰える

 

●寝室の天井が斜めの家は、がんになりやすい

寝ているときは、完全に無防備

天井の尖り、斜めは、恐怖心やストレスになり、不眠症や免疫力低下につながる

 

●弱っている観葉植物がある家は、住人の元気もなくなる

観葉植物は、よく手入れして、元気を保つことが大事

(28)

スポンサード リンク

疲労評論家:梶本修身によると

盲腸で虫垂炎になったら、普通 外科で虫垂を切除する

●虫垂は、できるだけ切除しないほうが良い

虫垂とは、小腸と大腸の間にある盲腸の突起部分

医学部でも、虫垂とは人間が進化するうえで

退化すべきものが残った遺物と教えられてきた

なので切除しても問題ないが、常識だった

 

最近の研究で、虫垂は、人間の免疫力を高めるうえで

進化し続けてきた非常に重要な免疫器官だということが分かった

●虫垂は、免疫力を高める重要な器官

虫垂を持っている哺乳類と持っていない哺乳類がいるが、

虫垂を持っている哺乳類の方が、免疫力が相当 高いことが分かっている

 

突起の中に善玉菌に必要な菌を蓄えていて、

腸内細菌のバランスが崩れたときに活性化し、

菌を放出して腸内環境のバランスを整える

(133)

●イケメンは免疫力が高く風邪をひきにくい

男性のルックスの良さと免疫力の高さには関係があることが分かった

 

●ルックスが良い男性ほど抗体をたくさん持っている

 

●人とは女性の顔の美しさで生殖能力を見分けている

理想的なフェイスラインを持つ美女は、

そうでない女性と比べて、生殖応力が高い

 

●人は生殖能力の高い女性が、美しくなるようにできている

女性ホルモン エストロゲンの分泌量が高いほど、

くびれができて安産体型になる

(617)

印象評論家:重太みゆきによると

●泣いた時、泣かせた時は、記憶に残りやすい

記憶や印象に残したい人は、人前で泣いた方が良い

 

●謝罪会見では泣かない方が良い

謝罪会見で泣くと、いつまでも皆の記憶に残りやすい

 

認知科学評論家:中野信子によると

●泣くと笑うの健康効果は同じ

泣くと神経伝達物質のバランスが整い、免疫力が上がる

人前で泣くことで、他者の気持ちまで動かせる、コントロールできる

 

環境評論家:武田邦彦によると

泣いた後には、鼻水が出るもの

●泣いた後に出る鼻水は、余った涙

泣くのは、自分の意思で止められるが、

準備していた涙は余ってしまう

余った涙を鼻に流すので鼻水が出てくる

(178)

イギリスのデイリー・メールに掲載

●女は男よりもがん、感染症などの病に対抗する免疫力が強い

 

男性の遺伝子はXY、

女性の遺伝子はXX

 

ある遺伝子の動きを止めるマイクロRNAが注目されている

 

マイクロRNAの10%は、X染色体にあるということが分かった

 

女性は、X染色体を2つ持っている

がんの発現を抑圧す力が、

関わっているのではないかと考えられてる

(43)

スポンサード リンク