北海道大学」タグアーカイブ

ホンマでっか!?で紹介

 

繁殖を研究する北海道大学:高橋昌志 教授によると

●人工授精と雄雌の産み分けの技術

人工授精技術に産み分け技術が加わり、生産効率が向上し、

近い将来、牛のミルクや肉が安く生産できるように

 

現在、牛の種付けは約99%、人工授精で行われている

 

産み分けさせるために牛の精子を特殊な薬で光らせる

卵子のX染色体+精子のX染色体→雌牛

卵子のX染色体+精子のY染色体→雄牛

 

X染色体に比べ、Y染色体の方が小さい

 

細い管に精子を1匹ずつ通し、レーザー光を当て、XとYを判別

精子の光の量を計算してXYを振り分ける

その上で人工授精すると90%の確率で産み分けが成功する

 

霜降りになる牛の精子、乳がいっぱい出る牛の精子が販売されている

精子400万匹で安くて4000円、高いもので8000円以上

(1223)

スポンサード リンク
スポンサード リンク