実行機能」タグアーカイブ

教育評論家:尾木ママによると

●バンザイもできない子供が増えている

高齢者になると運動器が低下する

それをロコモ症候群という

 

昨今 現代っ子が、運動機能が低下傾向にあると

文部科学省が小中高校でロコモ症候群を調査することに

 

そのチェック方法が、5種類

1、両手上げ(耳につくまで両手を上げる)

できなかった中学生が11.2%も

 

2、片脚立ち(左右ともに5秒以上ふらつかずに立つ)

できなかった子が7%も

 

3、しゃがみ込み(かかとが上がらないようにしゃがむ)

できなかった子が、13.3%も

ある高校のクラスでは、しゃがめた子供が30人中1人だった

 

4、体前屈(膝を曲げずに指先を床につける)

できなかった子が、35.7%も

 

5、グーパー動作(交互にグーパーを出す)

できなかった子が、20.3%も

 

上記の5つのチェックのうち、

どれか1つでもできなかった中学生が約52%

 

乳幼児のハイハイや幼児期の外遊びの減少などが

要因ではと考えられている

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

グーパー動作ができないのは、脳の実行機能が弱い

脳の実行機能が弱いと、逆境に弱い人になりやすい

●日本は逆境に弱い人が増えている

折れにくい、折れても立ち直れる人になるには、

幼少期に危険な遊びをした方が良い

●子供の頃に危険な遊びをすると逆境に強くなる

安全な遊びばかりしていると危険回避能力などが身につかない

(759)

スポンサード リンク

ホンマでっか!?TVで紹介

 

Q:3回連続でジャンケンをしてください

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●ジャンケンでチョキを出す人は創造性が高い

チョキは脳に負荷がかかり実行機能が優れた人

 

グーとパーは出しやすいので、

●2回連続パーを出す人は、あまり頭がよくない

脳の実行機能系が弱い人は、キレやすい

チームの輪が良いと脳波の同調性があり、

ジャンケンで同じ手を出す傾向がある

 

心理評論家:植木理恵によると

●パー、グー、パーを出す人はやる気がない

人間は発達し知能がつくと徐々にチョキを出すようにになる

(1072)

スポンサード リンク