Tag Archives: 快楽物質

疲労評論家:梶本修身によると

●深夜にラーメン食べたくなるのは、欲求不満の証拠

脳が快楽を欲しがっているとき、ラーメンを食べたくなるもの

舌の奥にはラーメンに多く含まれるラード=長鎖脂肪酸にだけ反応する細胞がある

長鎖脂肪酸の刺激が、脳に伝わると快楽物質が分泌されることが分かっている

それを何度か学習してしまうと、

快楽物質欲しさにラーメンを食べたくなるようになる

 

●深夜のラーメンをやめるには、幸せになること

深夜に食べたくなったら、オリーブを食べるとおさまる

オリーブも長鎖脂肪酸が豊富で快楽物質が分泌しやすい

ラーメンをオリーブに置き換えることで深夜にオリーブを食べたくなる

 

流通評論家:渡辺広明によると

●深夜になるとコンビニのカップ麺が1.4倍売れる

それは薄い味よりも濃い味のカップ麺

●深夜になるとコンビニの高級アイスが1.3倍売れる

 

心理評論家:植木理恵によると

●夜中のラーメンを我慢する方法

後は寝るだけだ、とリラックス状態になると、お腹が空いていることに気づく

緊張状態でお腹が空くことは少ない

寝るギリギリまで何か考えている音楽家や画家に太っている人は少ない

就寝前まで脳を働かせているとリラックスやけ食いは防げる (301)

スポンサード リンク

ダメ男を引き寄せてしまう女性

 

医療評論家:おおたわ史絵によると

ギャンブル、暴力、薬物などの依存症の男性は、基本的にダメ男

 

●ダメ男は、快楽物質の影響で一見 魅力的に見えやすい

しかし依存状態にある人は、脳の活性状態が良く

ドーパミンやβエンドロフィといった快楽物質が、

バンバン出ている状態

 

それを第3者から見たときに、きらめいて見えてしまったり

目の輝きがあってみえたり、覇気を感じる、

生き生きとして見える錯覚を思わせるような魅力を放っていることがある (268)

スポンサード リンク