感情」タグアーカイブ

マーケティング評論家:牛窪恵によると

●男性の40代は、一気に幸福度が落ちる

その原因は、2つ

1、職場で必要とされていないと感じる

2、家庭で必要とされていないと感じる

 

疲労評論家:梶本修身によると

40代と20代を比べると圧倒的に20代の方が認知度が高いが、

●集中力と他人の感情を見抜く力は、20代よりも40代の方が優れている

ハーバード大学が、1万430人を対象に集中力の持続テストを行った

すると短時間の集中は若い人の方が得意だったが、

数十分以上の集中力は、43歳がピークだった

目元のみの写真で感情を見抜く別の実験では、

48歳の人が高成績だった

(75)

スポンサード リンク

心理評論家:植木理恵によると

●癇癪持ちの人でも、社会的立場を言い聞かせると感情をコントロールできる

 

20代から50代の男女を対象に実験

すぐに怒るのを止められない、

自分の感情をコントロールできない癇癪持ちの人に

「怒らないで」と言いと怒りが激しくなる

 

例えば、私は3人の子供の母親なんだ、信頼される部長なんだ、

と自分の社会的立場を言い聞かせると感情が収まることが分かった

(62)

心理評論家:植木理恵によると

女性は内容よりも「寂しかった」「辛かった」

「ありえない」など感情を伝える話し方をする人が多い

 

●感情をあまり出せない人のパターン

 

1、プライドが邪魔して感情を出せない

 

2、感情を口にしづらい環境が長かった

 

3、甘えん坊

甘えん坊は、感情を伝えなくても察してほしい気持ちが強い

(911)

印象評論家:重太みゆきによると

●女性は目を見て感情を読み取る能力がある

ケンブリッジ大学の研究の実験

目元の部分だけを見て、喜怒哀楽の感情を判定

すると男性よりも女性の方が、

はるかに感情を読み取ることが分かった

女性は目元を見て、相手の気持ちを考え、発言している

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●男性は女性が不倫をしているか見抜ける

不倫をしている女性と、そうでない女性の写真を並べ、

男性は不倫をしている女性を60%の確率で見抜いた

(351)

心理評論家:植木理恵によると

この人は今 どんな気持ちなのか?といった直感について

ハーバード大学が8歳~60歳までの670人を対象に調査

普通の表情の人が徐々に不機嫌になっていく、

また徐々に喜んでいく10秒間の映像を見せ、

表情が変わったと思ったらボタンを押す実験

 

その結果、

●8歳から12歳の子供が最も人の感情の変化に直感的に気付く

人の感情を見抜く順位は、子供、ついで成人女性、

鈍感だったのが成人男性

子供に男女の差異は見られなかった

 

凶悪犯を含む1000枚の男性の写真を子供に見せる実験

この中で怖そうなおじさんは?と聞くと

子供は大人よりも優位に凶悪犯を当てる

●子供は凶悪犯を直感的に見抜く

子供は人の顔を見るだけで悪意が分かる

子供や女性は弱い立場から人の感情を見抜く力を持つ

(403)

スポンサード リンク