整形」タグアーカイブ

●自分の体から取った脂肪を顔に入れ、ハリを出す

脂肪吸引の名医:大橋昌敬によると

年をとってくると顔の脂肪は落ちてくる

脂肪を注入して若い時の立体に戻す

脂肪注入すると幹細胞により肌つやもよくなる

本人の脂肪でないと拒絶反応が起きやすい

●中年太りの腹を脂肪吸引でシックスパックにする人が急増

 

目の名医:福田慶三によると

●鼻の下を1㎝短くしたい若者が急増している

 

マーケティング評論家:牛窪恵によると

●空港で整形した人をAIが顔認証できないトラブルが起きている

整形手術の証明書を持参しないと出入国できない場合もある

●あばら骨と耳の軟骨を鼻に移植する整形がある

さらに他人や亡くなった人から提供された軟骨を使う整形手術もある

(46)

スポンサード リンク

●プチ整形のリスクは、プチではない

プチ整形の合併症を治すのは、全然プチでは済まない

鼻先を高くするプチ整形オステオポールは、

まれに鼻先の皮膚にめり込んで痛くなるケースもある

それを治す場合、軟骨や筋膜を移植する必要がある

 

目の名医:福田慶三によると

ヒアルロン酸を入れすぎて、膨らみすぎるなど失敗はある

さらにヒアルロン酸が血管に入ることも

目の方に流れて視野が狭くなった症例もある

 

プチ整形で簡単と思ってもリスクはある

(48)

●自宅でできる美容整形アイテムは、実は超危険

 

胸の名医:上原恵理によると

コロナ渦において、おこもり美容と称し、

自宅で色々な美容をチャレンジする人が増えた

美容クリニックで扱うような技術を要するものが購入可能なので危険

 

顔にゴリゴリする針が出てくるペン型の器具は毛穴に効果があるが、

器具が清潔に保っているか、正しい使い方がされているか?が問題

一時は毛穴が小さくなるかもしれないが、

20年後にしわの原因になる可能性も考えられる

(40)

目の名医:福田慶三によると

●目を下に広げて大きくする整形が人気

下まぶたを下げ、垂れ目風にして大きく見せる整形が人気

整形料金は、約40万円

 

メスを入れないメンテナンス整形が主流に

●プチ整形ハイフが超人気

超音波を使って一点に照射し、肉を焼くと縮まるように

たるみをとり引き締めて小顔に

顔のたるみ治療は、美容整形では難しかったが、

ハイフを使うことで高い効果が得られる

●ハイフの効果が最も出るのは、1か月後

医師が照射すると約10~20万円

看護師が照射すると少し安価

ハイフは、医療行為と規定されているので、医療機関でしか施術できない

エステの美容ハイフは、危険

(63)

鼻の名医:小野准平によると

●令和の整形の主流派、ナチュラル系

以前は、西洋系の顔が人気だったが、

最近は、アジア系の顔が人気に

人より長く高くではなく、低くない、太くない、

短くない、丸くないの存在感のない鼻が好まれている

●やり過ぎた整形を元に戻す整形患者が急増

 

胸の名医:上原恵理によると

●整形でなりたい顔ランキングも変化

昔は、浜崎あゆみや明日花キララのような目が パチッと大きく鼻も高い顔が人気だったが、 最近はそれぞれのパーツは強調しすぎず、 全体でまとまりのあるナチュラルで美しい顔が選ばれている

1位:橋本環奈

2位:石原さとみ

3位:北川景子

4位:田中みな実

5位:広瀬すず

6位:アンジェラベイビー

7位:深田恭子

8位:佐々木希

9位:沢尻エリカ

10位:浜辺美波

(38)

スポンサード リンク