日焼け」タグアーカイブ

心理評論家:植木理恵によると

●日焼けが好きな人は、うつ病になりにくい

太陽が好きな人は、うつ病になりにくい

 

20代で日焼けが嫌いな人は、将来のシミが心配

つまり日焼けが嫌いな人は、未来志向性が高い性格

 

●精神疾患は、将来を気にし始めた時から始まる

日焼けを気にせず今を生きている人は、精神疾患にはなりくい

(37)

スポンサード リンク

マーケティング評論家:牛窪恵によると

UVカット商品には、UVカット加工した商品と

UVカット素材を使用した商品がある

●UVカット素材の効果は5~7年

UVカット加工の効果は、1シーズン程度と言われている

 

濃い色のサングラスは瞳孔が開いてしまうので

隙間から紫外線が入って、余計焼けやすくなってしまう

 

疲労評論家:梶本修身によると

●目に紫外線が入ると日焼けも夏バテもする

紫外線が目に入ると角膜で炎症が起こり、

脳が全身のメラノサイトに命令し、肌を黒くしようとする

さらに自律神経が興奮し、極度の疲労が起こり、夏バテになる

オススメは、UVカットのコンタクトレンズ

瞳への紫外線をほぼ100%カットできる

(41)

節約評論家:和田由貴によると

●クリームタイプの日焼け止めは、使用期限は約1年

1年前のクリームタイプの日焼け止めは、

効果が弱くなっているので新しいものに替えたほうがいい

●余ったクリームタイプの日焼け止めは、シルバー製品を磨くのに使える

日焼け止めクリームは、粒子が細かいので傷になりにくく汚れも落とせる

 

美肌評論家:兵藤秀忠によると

●オレンジジュースの飲むと日焼けしやすい

オレンジに含まれるソラレンを摂取後、

2時間をピークに紫外線の感受性が上がるというデータがある

オレンジなどの柑橘系の果物にはビタミンCが含まれる

ビタミンCは、肌を修復するのに必要な成分

 

日焼けしやすいから柑橘系の果物を摂取しないのは、

逆に皮膚にとって悪い

●日焼けしたくない人は、柑橘系の果物を夜に食べると良い

(422)

美肌評論家:兵藤秀忠によると

●飲む日焼け止めは、飲まないよりは良いが、効果は弱い

 

塗る日焼け止めのSPFは10~20だが、

●飲む日焼け止めのSPFは、1ケタ台

飲む日焼け止めは、日焼け後の炎症を抑える効果がある

日焼け止めを塗りながら、飲む日焼け止めを摂取するのが一番効果的

 

日焼け止めの種類は大きく2つ

1、紫外線を反射、散乱させる散乱材

2、紫外線を吸収し、熱に変換する吸収剤

肌が弱い人は、吸収剤フリーやノンケミカルのものを使うと良い

(27)

美容医療評論家:上原恵理によると

冬は家に引こもりがちになるもの

●引きこもりがちな冬は、スマホ日焼けに要注意

通常の日焼けの原因は、紫外線のUVAとUVB

UVA(波長が長い紫外線)は窓ガラスも透過して部屋の中に入ってくる

 

それだけでなく可視光線、ブルーライト、

近赤外線も日焼けの原因となると言われている

●ブルーライトでも日焼けする

波長が長いため肌の奥まで浸透するので

シミや日焼けだけでなくシワやたるみにも影響する

スマホのブルーライトカットの効果があるフィルムを貼るのも対策になる

(106)

スポンサード リンク