梅雨」タグアーカイブ

心理評論家:植木理恵によると

●うつ病やメンタル系の病気は、梅雨時期に寛解することが多い

 

キレイな桜の時期や燦々と太陽が照りつける夏は

気分が高揚し、アクティブになりやすいが、

逆に引きこもりがちになる人もいる

 

梅雨時期は家にいることが、

うつのせいではないと思えるので、気持ちが楽になる

(106)

スポンサード リンク

疲労評論家:梶本修身によると

●梅雨前線が通過するときに脳梗塞になる人が多い

脳血管障害で入院した3935人を対象に調べると

温暖前線が通過した翌日に脳梗塞が多いことが分かった

脳梗塞は、気温、湿度、気圧の影響を受けやすい

梅雨時期は、梅雨前線の影響で温度変化が激しく、

気温の高い日は、蒸し暑くなりやすい

蒸し暑い日は、喉が渇いたと感じにくく、

脱水症状となり、結果として脳梗塞の原因となる

 

国立循環器病センターの発表によると

脳出血は冬に多く、脳梗塞は6月~8月がピーク

喉が渇かなくてもこまめに水分補給することで脳梗塞防止となる

(216)

ホンマでっか!?TVで紹介

 

統合医療評論家:亀井眞樹によると

●梅雨の心身不調に効く食べ物は、梅

 

疲労、ストレス、食中毒、胃腸の不調、食欲低下、

アレルギー疾患、痛みなど梅雨の心身不調は種類が多い

この全ての心身不調に効く食べ物が、梅

 

梅干し、梅肉エキスなど1日3g 摂れば十分

 

ムメフラール、クエン酸、クロロゲン酸、

ベンジルβ-L-フコピラノシドなど色んな物質が入っている

 

6月は梅の実が熟すことから梅雨と名付けられた説もある

(2758)

ホンマでっか!?TVで紹介

 

認知科学評論家:中野信子によると

●梅雨のおねだりの成功率は高くない

天気が悪い日はセロトニンが減少し、

物事を疑い深くなりやすい

 

●晴れの日 高気圧 風が強い日は おねだりの成功率が高くなる

それは あまり雲が無い空

 

気象学評論家:福岡義隆によると

梅雨は気圧が低く酸素が少ない

そのため副交感神経が優位に働く

(389)

ホンマでっか!?TVで紹介

 

経済評論家:門倉貴史によると

●梅雨の時期は株価が下がりやすい

日本の株価と東京の天気を比べてみると

晴れの日は株価が上昇しやすく、

曇りや雨の日は、株価が下降しやすい

 

これは日本に限らず、世界で同じような関係がみられる

 

これは投資家の心理が影響している

晴れの日は交感神経が刺激されるので、気持ちが楽観的、活動的に

曇りや雨の日は副交感神経が刺激され、悲観的になり投資を控えやすい

 

気象学評論家:福岡義隆によると

●梅雨は、犯罪や交通事故が増加する

梅雨はドライバーの注意力が無くなる

●本能寺の変が起こったのも梅雨が影響している説も

織田信長を討った明智光秀は、梅雨の時期に鬱になる

本能寺の変が起きたのは、1582年6月21日で梅雨の時期だった

 

環境評論家:武田邦彦によると

●梅雨の勉強は集中力が続かないので15~20分毎に区切ると良い

(525)

スポンサード リンク