熱中症」タグアーカイブ

マーケティング評論家:牛窪恵によると

●北海道の広さは、東京都の約38倍

北海道の天気予報は、1画面に収まりきらない

 

●ガソリンスタンドがない 最もない区間が約175㎞

「この先 上川町(118㎞)までスタンドありません」という看板がある

 

●北海道民は、熱中症になる人も多い

熱中症で救急搬送された人数(2019年4月末~7月7日)

鹿児島:211人、沖縄県:230人、北海道:273人

北海道のエアコン具給率は25.7%

4軒に3軒はエアコン無し

 

●北海道は、離婚率 全国4位

1位:沖縄、2位:宮崎、3位:大阪、4位:北海道

北海道は男女平等志向が強く、男性は草食、女性はしっかり者が多い

(26)

スポンサード リンク

●汗は乾いたハンカチやタオルで拭かないほうが良い

汗は、皮膚の上で蒸発するときに熱を奪い体温を下げてくれる

乾いたタオルで拭くと汗が蒸発できず、体温を下げることができない

どうしても汗を拭き足りたい場合は、

湿ったタオルで拭くと皮膚に水分が残り、

蒸発するときに熱を奪ってくれるので熱中症になりにくくなる

 

疲労評論家:梶本修身によると

最近 汗を上手くかけない人が増えている

これが熱中症が増える大きな原因となっている

エアコンの効いた部屋に長時間いると発汗機能が鈍くなり、

必要な時に汗がかけないことが起きる

普段から軽い運動で汗をかくことを習慣化すれば発汗機能を維持できる

(288)

動作解析評論家:夏嶋隆によると

●夏場だからといって余計に塩分を摂る必要はない

ナトリウムが不足すると意識障害などを引き起こす

通常の人は、塩分を余計に摂ると

摂り過ぎで夏バテになることがある

 

サッカー国際レフリーに塩分を

極力摂らせずに試合に参加させて実験

すると夏の炎天下でも喉が渇かずに動け、

試合後も全く疲れを感じていなかった

 

試合中に塩分を摂ると、喉が渇いて水が欲しくなる

その水でバテてしまう

 

●筋肉を使って動いている人は、熱中症になりにくい

 

動作解析評論家:夏嶋隆によると

●両面UV加工ではないサングラスは、後方の紫外線が反射して目に入る

(204)

アメリカ サイエンス・デイリーに掲載

●猛暑日後 5日後は、熱中症になる危険性がある

ハーバード大学の研究

約10年間、2370万人の入院患者と気温の関係を調査

アメリカの猛暑日は、年間通してベスト3に入る気温を猛暑日という

他の日と比べた結果、猛暑日だけではなく

猛暑日の後、5日間も熱中症で入院する確率が2.5倍も高かった

猛暑日以降、涼しくなっても危険性が高いため注意が必要

 

生物学評論家:池田清彦によると

●熱中症で亡くなる人の9割は、家の中

2011年~2015年の日本 東京23区の

熱中症で亡くなった人のうち、9割は自宅の中だった

そのうち79%は、65歳以上だった

クーラーを付けなかったことが原因のひとつ

 

外出すると温度差により瞬間的に暑さを感じやすいが、

家の中にいると徐々に温度が上昇し、脳が暑いと気づきにくい

(108)

スポンサード リンク