犯罪」タグアーカイブ

脳科学評論家:澤口俊之によると

●気圧が低いと古傷が痛くなるは、否定されている

気圧のせいと思い込むことで

古傷に意識が向かい、痛いと脳が勘違いするから

 

●体を丸めて傘をさすと、うつ的になる

 

心理評論家:植木理恵によると

すごく雨が降る、すごく雪が降るときは、年間を通して1番 精神疾患率が低い

ザーザー振りが続く日は、犯罪率も低くなる

 

逆に、最も犯罪率が高まり、心がイラ立つのが、

今にも雨が降りそうで降らない日が続く

●雨が降りそうで降らない日が続くとイラ立つ

グレーゾーンが続くと精神疾患や犯罪が増える傾向にある

(28)

スポンサード リンク

●日本はネット犯罪に関する知識が世界最下位

ロシアのネットセキュリティ会社の調査

世界16か国のネットユーザー1万8千人以上を対象に、

安全にインターネットを使う上で必要な知識を問うテストを行った

 

例えば、

不審なメールの添付ファイルを開きますか?

個人情報を盗むような偽のWEBサイトを選ぶか?

テストの結果、日本は16か国中 最下位となった

 

日本の治安の良さに慣れた感覚が、

ネット世界での油断に繋がっているのではと考えられている

 

芸能人を装い、出会い系で高額請求する詐欺では、

約37万人から116億円を盗み取っていたことが判明した

(62)

ホンマでっか!?TVで紹介

 

経済評論家:門倉貴史によると

●梅雨の時期は株価が下がりやすい

日本の株価と東京の天気を比べてみると

晴れの日は株価が上昇しやすく、

曇りや雨の日は、株価が下降しやすい

 

これは日本に限らず、世界で同じような関係がみられる

 

これは投資家の心理が影響している

晴れの日は交感神経が刺激されるので、気持ちが楽観的、活動的に

曇りや雨の日は副交感神経が刺激され、悲観的になり投資を控えやすい

 

気象学評論家:福岡義隆によると

●梅雨は、犯罪や交通事故が増加する

梅雨はドライバーの注意力が無くなる

●本能寺の変が起こったのも梅雨が影響している説も

織田信長を討った明智光秀は、梅雨の時期に鬱になる

本能寺の変が起きたのは、1582年6月21日で梅雨の時期だった

 

環境評論家:武田邦彦によると

●梅雨の勉強は集中力が続かないので15~20分毎に区切ると良い

(518)

スポンサード リンク