痩せる」タグアーカイブ

生物学評論家:池田清彦によると

●夕食を抜くと逆に太る

腹がものすごく減ると食べ過ぎる

食事回数を減らすと1回の食事で過食になり一気に血糖値が上昇する

 

寝る前に食べるとよくないと言われてきたが、

●寝る前に150kcal食べたほうが痩せるというデータがある

寝る前に食べると代謝の速度が速まり、

空腹で寝るより痩せやすいという考え

食べても痩せている人は、寝ている時の代謝が高い

 

いくらや辛子明太子は、痛風に悪いと言われてきたが、

●プリン体は、言われるほど魚卵に入っていない

プリン体が多く含むのは、いわし、カツオなど

もっとも入っているのが、レバー

(142)

スポンサード リンク

疲労評論家:梶本修身によると

●気温0度で運動すると3倍痩せる

カナダのローレンティアン大学の研究

21度の中で運動するよりも、0度の中で運動したほうが、

358%脂肪燃焼効果が高かったことが分かった

心筋梗塞などリスクがあるため注意は必要

 

節約評論家:和田由貴によると

●テレビの消費電力は、明るさ=輝度で決まる

輝度が最大と最低では2倍以上も消費電力に差がある

(42)

ホンマでっか!?TVで紹介

 

同志社大学:石井好二郎によると

●運動前のストレッチングをゆっくり じっくりすると痩せやすくなる

運動前にストレッチングすると平均7㎏ほど筋力が低下する

ストレッチングして筋肉が柔らかくなると

筋肉を動かす際、多くのエネルギーを必要とする

痩せるためにわざと効率を悪くする

 

スポーツをする際のストレッチングは、ゆっくり伸ばし過ぎない方が良い

 

●歩くような速度でジョギングをするとエネルギーを余計に使う

スロージョギング→3分×10回でエネルギーを燃焼し痩せやすくなる

(482)

ホンマでっか!?TVで紹介

スポーツと健康の新常識

 

ホルモン評論家:久末伸一によると

●スポーツの強いチームを応援するだけで痩せられる

スポーツの試合の勝ったチームと負けたチームの

テストステロン値を測ると勝ったチームの方が圧倒的に高い

負けたチームは低くなる

 

ワールドカップの観客の唾液を計測したところ、

勝ったチームを応援していた観客の方がテストステロン値が高く、

負けたチームを応援していた観客は値が下がっている

 

男性ホルモン:テストステロンは筋肉を強くする

筋肉が強くなると代謝が上がり内臓脂肪がつきにくくなる

(720)

スポンサード リンク