Tag Archives: 糖尿病

疲労評論家:梶本修身によると

●スーパーの食品の値段が上がると糖尿病が悪化する

アメリカの農務省の研究者が、

生活習慣病である2型糖尿病患者の空腹時血糖値と食品の市場価格の関係を調査

 

それによると食品の価格が上がると血糖値が上がるというデータがある

 

中でも赤身肉、野菜果物、低脂肪乳の価格が上がると

空腹時血糖値が上がることが分かった

 

1リットルの低脂肪乳が36円値上がりすると、

2か月後、3か月後、空腹時血糖値が6%も上がる

 

体に良い商品の価格が上がると、安い商品を買う

その結果、カロリーを多く摂取してしまい空腹時血糖値が上昇する (27)

スポンサード リンク

分子技術評論家:山本尚によると

糖尿病患者の尿は、甘い

糖が体外に出るということは、減量には良い

 

通常、血液の糖は、腎臓を通過した後、

尿細管の血液から再吸収される

 

その再吸収をストップさせることができれば、

糖尿病の薬になると、

アメリカの製薬い会社のチームが発見した

 

●新しく開発された糖尿病の薬は、将来 抗肥満薬になる

糖が尿として排出されるので体重が自然と減量できる (183)

ホンマでっか!?TVで紹介

健康管理の新常識

 

統合医療評論家:亀井眞樹によると

医学界が大真面目に魔法の薬と呼び始めた薬がある

それは1日30分のウォーキング

 

その効果は、糖尿病の予防、がんのリスク低下、

股関節の骨折のリスク低下、不安を和らげる、うつ病の予防・改善、

認知症の進行の遅延、老化を抑制、早過ぎる死を抑える

 

時速6㎞超えるとジョギングに分類されるので

時速4~5㎞程度のウォーキングで十分

 

●糖尿病、がん、骨折、うつ病、認知症、老化に効く1日30分のウォーキング

 

ウォーキングについてたくさんの研究が行われた

それらを総合して分析すると、これらの8つの効能が明らかにある

 

ジョギング、マラソン、ジムで筋トレなどは、

部分的に効果はあっても8つの総合的な効果はない

 

●犬を飼うだけで平均10年寿命が延びると言われている

それは散歩しなくても伸びというる研究が発表されたばかり

犬を飼うだけでも心の状態が良くなり健康にもプラスに影響する

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●難聴になると認知症と脳の老化が早まる

なるべく早く補聴器をを着け、

クリアな音を聴いた方が脳の老化防止に良い (5499)

ホンマでっか!?TVで紹介

危ない病気の兆候

 

スウェーデンのストックホルム大学によると

●子どもの頃に影が薄かった人は心臓病の確率が9倍高くなる

 

イギリスの医学雑誌に掲載された論文

ストックホルム大学で1953年生まれの1万4千人を対象に調査

 

12~13歳時の学校での人気具合を調査

人気がある人と影が薄い人に判別

その人たちが50歳ぐらいになるまでの

30年間の入院記録などから健康状態を追跡調査した

すると影が薄かった子は心臓病だけでなく糖尿病も4倍高かった

さらに自殺のリスクも2倍高い 生物学評論家:池田清彦の考えによると

考え方的に元々遺伝的に病気になりやすい子だったのでは?

もう一つは子どもの時の経験が将来的な病気に効いているでは? 脳科学評論家:澤口俊之いわく

●11歳時の頭の良さが将来の病気を左右する

IQの高い子は状況を見て行動できる能力が高い

IQと病気の関係は様々な年齢の中、11歳時が最も相関していた (304)

スポンサード リンク