結婚」タグアーカイブ

心理評論家:植木理恵によると

褒め上手な人は、いくらでも結婚できる

結婚生活が始まると褒めるよりも叱る方が何倍も多い

なので

●叱り上手が女性は幸せな結婚生活を送ることができる

 

叱る時のポイント

1、1つのことだけ叱る

女性は1つのことを叱ると、そこから派生してたくさん叱ってしまい破綻しやすい

2、叱る前に一度持ち上げる

相手が素直に受け入れやすい

 

最も上手な叱り方が、叱った最後に「ごめんね、言いすぎて」と逆謝りをする

(42)

スポンサード リンク

認知科学評論家:中野信子によると

人は、他人と一緒にいたい人と一人でいたい人に分かれる

他人と一緒にいられる人の方が結婚に向いている

●人と一緒にいたい人は、自分の顔をSNSに載せる

自己肯定感が高い人は、結婚しやすい

自己肯定感が低い人は、結婚に向いていない

 

生物学評論家:池田清彦によると

●映画を観て泣く人は、結婚に向いていない

感動しやすい人は、結婚に向いてい

感情の起伏が激しい人は、結婚生活に不向き

●感情の起伏が激しい人は、騙されやすい

 

経済評論家:門倉貴史によると

●相手が痩せていると女性が結婚生活にストレスを感じやすい

(31)

●Q:海と星の絵を描いてください

生物学評論家:池田清彦によると

海の波がポイント

波が凪の場合は、精神的に穏やかな状態

波が荒れている場合は、心が荒れ気性が荒い状態

 

法律評論家:堀井亜生によると

●別れを素直に受け入れる方が、結婚に向いている

別れを告げられて、相手を責める、自分の意見を強く言う女性は、

彼の意見を聞かずにブロックするタイプで結婚に不向き

(68)

心理評論家:植木理恵によると

挨拶の意味は、心理的に2つある

1、リスペクト:敬意、感謝を表す

2、チアアップ:元気、エネルギーを交わす

リスペクト、チアアップの2つの挨拶を、

大人になると巧妙に使い分けている

 

法律評論家:堀井亜生によると

●相手の本心を勝手に解釈する人は、結婚できない

自分の本心すら分からないのに、相手の本心を気にする人がいる

相手の本心なんて分かるはずないのに

勝手に解釈して判断するタイプは、

人間関係を狭めている

プレゼントを貰っても、素直に喜べず、

どういう意図があるのか?など気になってしまう

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

相手の本心を深読みしすぎると

やがて孤独、自己中心的になる可能性がある

(176)

法律評論家:堀井亜生によると

●結婚を望む女性に対して「今は結婚できない」は言ってはいけない

彼女から「私たちは、いつ結婚できるの?」と聞かれた彼氏は、

したくない、できないと全否定したくないから「今は結婚できない」と言いがち

 

「今は結婚できない」、男性は断っているつもりでも、

女性は今できなくても将来できることだから、これは婚約だと勘違いする

 

「就職したら」など明確な条件付きの場合は、結婚の意思はあるが、

「今は」「一人前になったら」など抽象的な言い訳の場合は、結婚の意思はない

 

女性側が勘違いしたまま交際し、別れる際、婚約破棄で訴えてくる

(55)

スポンサード リンク