」タグアーカイブ

法律評論家:堀井亜生によると

ネット通販のトラブルが、去年の7割増

●ネット通販は、クーリングオフが使えない

クーリングオフ制度は、訪問販売などで一定期間内であれば

理由を問わずキャンセルできる制度

ネット通販ではキャンセル不可なものも多く、

購入時に返品条件などをかくにんしておくべき

 

食事制限&運動不要!自宅簡単ダイエットと

書かれたバナーをクリックすると

美容オンライン診療に遷移し、自宅に未承認薬が送られてくる

●オンラインダイエットで糖尿病の薬が送られてくる

それは注射タイプの糖尿病の治療薬

糖尿病の治療薬が痩せ薬として若者の間で流行っていてトラブルが急増している

送られてくる未承認薬は、医師などから説明を受ける必要がある

実際打ってみると吐き気がしたり体調を壊す人がいる

それについて連絡しても医師はいない

(21)

スポンサード リンク

かつての薬は苦く飲みにくかったが、

最近の薬は飲みやすくするために様々な味付けを工夫している

●苦い薬が無くなりつつある

 

疲労評論家:梶本修身によると

昔は、特許を持っている製薬会社だけが薬を販売できたが、

特許が切れた後にジェネリック医薬品が販売されるようになった

 

同じ有効成分を含む薬が乱立するので、その中で競争が生まれた

その結果、味で競うようになり、薬がどんどん美味しくなっている

 

オレンジサイダー味のかゆみ止め、バニラチョコレート味の排尿障害改善薬、

抹茶風味の脳梗塞予防薬など

 

良薬は口に苦し が、当てはまる薬が無くなってしまいかもしれない

(24)

疲労評論家:梶本修身によると

大抵の薬においては

●薬を飲む食前、食中、食後にこだわるのは意味がない

ほとんどの薬は、食後に飲まなくても効果がある

医師から出される高血圧の薬は、よく朝食後と書かれているが、

医薬品の説明文書には、

毎日定期的に服用とだけ記載されている薬が多い

 

●薬の食後と書いてあるのは、飲み忘れを防ぐため

糖尿病など一部の薬には、飲む時間が大切な薬もある

 

●漢方薬は、空腹時に飲んだほうが良い

(206)

美肌評論家:森智恵子によると

●極小の針で皮膚から浸透させる痛くない薬「マイクロニードル」の開発が進んでいる

 

シールみたいなシートに数10~数100ミクロンの針をびっしり

溶解する針先には薬を含ませている

痛点よりも針が小さいため、痛くない

 

シワの気になるところに貼るとコラーゲンや

エラスチンの元になる成分が肌に浸透し、美肌になる

 

美容医療だけでなく様々な病気の

新しい投薬手段として注目されている

(177)

ホンマでっか!?TVで紹介

 

認知科学評論家:中野信子によると

 

●八角は治療薬タミフルの原料

 

八角はインフルエンザなどの治療薬タミフルの原料

 

タミフルが品薄になった時、八角の買い占めが起きた

 

中国で値段が2倍に高騰し、みな八角を食べ始めた

 

八角のみでタミフル同様の治療効果はない

 

食べ過ぎに注意のお触れが出たという

(769)

スポンサード リンク