遺伝」タグアーカイブ

認知科学評論家:中野信子によると

●情動(感情系)は、父から遺伝する

 

不倫遺伝子を持つ人は、色んな人を好きになりやすい

 

不倫遺伝子を持つ男性と結婚した妻は、

結婚生活の満足度が低いことが分かっている

 

さらに

●不倫遺伝子を持つ人は、未婚率、離婚率が高い

(185)

スポンサード リンク

マーケティング評論家:牛窪恵によると

●イケメンはキャリアアップに不利

ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンの調査

870人のほぼ同じ学歴、スキルで設定し、

顔写真だけ差をつけて採用面接を行った

 

実際に採用された後を見ると、

明らかにイケメンの方が面接段階で低く評価されていた

 

面接官が男性が多かったためではないかと考えられている

 

生物学評論家:池田清彦によると

●イケメンは遺伝しない

顔の輪郭、背の高さ、IQなどは遺伝するが、

各パーツの細部までは遺伝しない

イケメンは微妙な差異で決まるため、

似ているは遺伝するが、イケメンは遺伝しない

(68)

脳科学評論家:澤口俊之によると

性格の研究は、動物実験が多いが

●知能は母親、性格は基本的に父親に似る

知能や性格などへの遺伝の影響は、

大人になってから強く出やすい

乳幼児は、父親の行動を見て、真似たがる傾向がある

 

幼児教育評論家:大野将平によると

生物学評論家:池田清彦によると

言葉を理解する前、生後4か月で表情などを通じ、

コミュニケーションが分かるようになり、

その後、徐々に言葉を理解する

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●乳幼児は、文法を理解している

乳幼児に「好き」「嫌い」を同じトーンで言っても

脳の活動に違いがあることが分かった

(640)

疲労評論家:梶本修身によると

片頭痛は、遺伝子が深くかかわっていることが分かっている

●母が片頭痛の場合、娘は5割以上の確率で片頭痛が遺伝する

 

男性より女性の方が、3.6倍 片頭痛になりやすい

 

長距離移動で片頭痛が起きる人は、飛行機より新幹線

さらに

●新幹線に乗る時は、進行方向 左側の通路側が効果的

右側は、トンネルに入ってすれ違った時に気圧変動を受けやすい

窓側は、眩しい日差しで影響を受けやすい

一番刺激が少ないのが、左側の通路側の席

 

処方される片頭痛の薬は、前兆のあと痛み初めに飲むと効きやすい

 

最も怖いのは、片頭痛によって脳が過敏になり

本来は痛くない刺激でも痛みを感じる異痛症

(78)

統合医療評論家:亀井眞樹によると

●がんになるかは運次第という研究がある

病気になる ならないは色んな要素が関係する

医学は運に影響されるないように昔から進化してきた

しかし なぜ病気が起こるのか?は、医学が入れない領域

 

アメリカ ジョンズ・ホプキンス大学の研究

複雑で様々な研究を行い、女性の乳がんと男性の前立腺がん以外の

人間の様々な組織に出来る色々ながんを統計的に分析

 

成人が発症するがんの2/3は、

腫瘍の成長を促進する因子に

不運な変異が偶然 起きている事が分かった

 

残りの1/3は、親からの遺伝や生活習慣+不運なことの症状作用

●がんを発症するか?は偶然が作用している

 

亀井がこれまで診てきた患者の中で

自分に怒りを抱えている患者は病気の経過が悪い

「何でこんな病気になった?」と自分を責めたり、

家族も一緒に「お父さん頑張るのよ」とプレッシャーを与えたり

病状が重いはずなのに明るい雰囲気の病室がある

そういう病室の患者は、病気の経過が良くなりやすい

怒りを手放すことが大事

(211)

スポンサード リンク