Category Archives: ●心理評論家:植木理恵

Q:好きな男性の前では口数が多い

A:多い B:少ない

●好きな男性の前では口数が多い女性は、結婚に向いている

 

心理評論家:植木理恵によると

心理学で大事だと言われている関係は、あけすけであること

好きな男性の前で、思わずたくさん喋ってしまう女性には、

その男性もあけすけに喋ってくれる

同じ量を喋り合う返報性が生じる

●女性がお喋りだと男性も包み隠さず話してくれる

 

口数が多い女性は、女性同士でもよく喋る

女性同士で喋ると自浄作用がある

女性同士で夫の悪口を言うとストレスを家に持ち込まない

●母親がよく喋る子供は、言語的IQが高くなるのが早い

母親は子どもたくさん話かけるほうが良い (165)

スポンサード リンク

脳科学評論家:澤口俊之によると

●3歳神話は全くの嘘

3歳までに英語教育しないとまずいは、嘘

段階に応じた教育が大切

3歳くらいは友達関係が重要

 

キレる、感情を抑えられないは、3歳くらいまでに教育しないといけない

●キレる子供になるかどうかは3歳までに決まる

脳の発育段階に応じて子供を教育した方がよい

 

心理評論家:植木理恵によると

3歳くらいまでに自分の国の言葉をきちんと入れることが大切

 

生物学評論家:池田清彦によると

耳から入る情報は、一番重要

書くは、小学校に入ってからでも充分 (308)

心理評論家:植木理恵によると

アメリカの4つの州の少年院とオーストラリアの少年院で

どのような育てられ方をしてきたか?を調査

やはり親からDVを受けた、

ネグレクト(育児放棄)された子供が多かったが、

それよりもはるかに意味もなく甘やかされた子供が多いことが分かった

 

●子供を意味なく甘やかすのはよくない

頑張ったから誉める、悪いことしたから叱る

随意性なく育てられていないと子供は、

自分が認められているのか?人から見られているか?

悪いことをしたら気付いてもらえるだろうか?といった心理になる

●子供を意味なく甘やかすと認められているか不安になり非行に走る

子供は何でも可愛がるのではなく

悪い時は叱り、良い時は褒めるほうが良い

 

●怒る時の脳はホットで、叱る時の脳はクール (110)

自衛隊メンタル評論家:下園壮太によると

35歳までは体力があるので

スポーツや格闘技などの発散系のリフレッシュ法で良かった

35歳以降は体力が低下しているのに、

リフレッシュ法が 発散系しかない

これを35歳クライシスと呼んでいる

癒し系のリフレッシュ(絵画や釣りなど)が良い

 

心理評論家:植木理恵によると

海外の精神科の病棟には、大きな図書館があることが多い

●精神病院に本がない日本は、世界的に珍しい (50)

心理評論家:植木理恵によると

ユニフォームの研究では、

同じユニフォームにしたほうが、集団の心の結束力が強まる

 

●関東より関西の自殺者の方が多い

関西は自殺者も多く、比較的 精神病院も多い

 

●今すぐ白黒はっきり決めないと気が済まない人が自殺をしやすい

関西人は、生きるにしても死ぬにしても

勝負をする気質を持っている (94)

スポンサード リンク