Category Archives: ●心理評論家:植木理恵

心理評論家:植木理恵によると

美人は、特に少女期のメンタルヘルスが脆弱の傾向があることが分かっている

●美人は少女期のメンタルが弱い

11歳までの子供が、目立ちたくない、クラスの一員なんだと思いたい欲求が強い

人間の総合点は同じと幼少期ほど思っている傾向がある

 

背が高い、運動能力が高い、ハンサムな男性を

60分間の会話を測定しているとジョークの数が圧倒的に少ない、

もしくは声のボリュームが小さい

●突き抜けてある能力が高い子は、控えめな性格になる

控えめな性格になることでバランスをとろうとする

 

これは女子の方が如実

少女の容姿を褒める実験では、

美人と吹き込まれたグループとふきこまないグループでテストをすると

美人と吹き込まれたグループの方が、成績が低いことが分かった

●少女に美人だねと言うと成績が下がる

子供は無意識に能力のバランスをとろうとする傾向があるため (6)

スポンサード リンク

心理評論家:植木理恵によると

心の健康度指標は、天気を気にするか、気にしないかが重要と言われている

 

常に天気と湿度を言えるような人は、

ナーバスで神経質に見えるが、うつ病のリスクは低い

 

●日々天気を気にする人の方が、精神的に病むことが少ない

 

明日の午前中は降水確率20%で夕方に少し止んで夜は晴れるらしいよ、

と天気を気にする人と、全く天気を気にしない人がいる

 

いつも天気を気にする人は、備えて立ち向かう心がある

 

天気を全く気にしない人は、不測の事態を考えたくない、心に余裕がない人が多い (57)

災害時に日本人は、逃げないワケは、

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●日本人は、全体的に不安感が少ないため逃げるのが遅い

1、日本は太古より災害が多いため、慣れで不安感が低くなった

2、日本人は集団主義で「みんなで一緒に」の精神が強い

 

心理評論家:植木理恵によると

●逃げることを恥ずかしいという観念が、世界の中で卓越して高い

 

●日本人男性は、危ないモノ、怖いモノに立ち向かう気持ちが強い

 

雨防災評論家:山田正によると

●アメリカはハリケーンで600万人が避難した (19)

脳科学評論家:澤口俊之によると

●気圧が低いと古傷が痛くなるは、否定されている

気圧のせいと思い込むことで

古傷に意識が向かい、痛いと脳が勘違いするから

 

●体を丸めて傘をさすと、うつ的になる

 

心理評論家:植木理恵によると

すごく雨が降る、すごく雪が降るときは、年間を通して1番 精神疾患率が低い

ザーザー振りが続く日は、犯罪率も低くなる

 

逆に、最も犯罪率が高まり、心がイラ立つのが、

今にも雨が降りそうで降らない日が続く

●雨が降りそうで降らない日が続くとイラ立つ

グレーゾーンが続くと精神疾患や犯罪が増える傾向にある (11)

心理評論家:植木理恵によると

自信のある子に育てる方法は、2点はっきりしている

 

1つは、閉じた共有感を親子が持つこと

「他の人には分からないかもしれないけどお母さんは分かるの、あなたの良さが」

「他の人はお前のことを暗い子と思っているかもしれないけど、お父さんはお前のそういうところ可愛いと思う」など

●閉じた味方であることを表現することが、自分は愛されていると自信につながる

 

もう一つは、

●他人の子供と比較して褒める

他人と比較されると傷つきやすい

他人と比較するのは、傷つきやすいくらい記憶に残るということ

これを逆手にとって、比較して褒めると記憶に残りやすい

他の子と比較して、こっそり褒めると自信のある子に育つ (53)

スポンサード リンク