Category Archives: ●心理評論家:植木理恵

心理評論家:植木理恵によると

春の入学式、母親は、何を着るか迷うもの

日本、中国、アメリカの服装と印象の研究

●クラスメイトの個性より、その母親のことが記憶に残る

大人になった時に、クラスメイトの個性よりも

あの子の母親は優しかった、

あの子の母親はいつもきれいな格好をしていた、など

そのクラスメイトの母親の個性の方が、何倍も覚えていることが分かった

 

わが子がイジメられないように

目立たない地味な服装を着る母親が多いが、

よく言えば謙虚、悪く言えばオドオドしていると、

子供もオドオドした性格になる

イジメられても言い返せない性格に育ってしまうのが問題となっている

●母親の服装で子供の性格が変わる

少し目立つ服を着た母親は、黒い服の母親より話題になりやすい

 

入学する前の子供に教えることは、

いじられないように生きていけという事ではないはず

いじられたり、いじめられたりしない人生はない

 

好きな格好で堂々としている母親であれば、

いじめられても言い返せる子供に育つ (0)

スポンサード リンク

心理評論家:植木理恵によると

●マイナスの事を曜日のせいにすると うつ病になりにくい

 

例えば、いつかの火曜日にトラブルがあったせいで、

火曜日がブラックデーになっている人がいる

 

曜日のせいにできる人は、自分を責めなくてすむ

 

自分では動かせない曜日のせいにするとストレスになりにくい (3)

心理評論家:植木理恵によると

 

スタンフォード大学の研究

80歳以上で食にこだわる人は、認知機能、記憶力、

感情年齢のスコアが軒並み高いことが分かった

 

●食にこだわりがある人は、認知機能が高い

 

舌に乗る物の味にこだわる人は、はつらつとしている (13)

法律評論家:堀井亜生によると

●最後まで話を聞く人は、詐欺に遭いやすい

知らない人に話しかけてくる人は、

普段 邪険に扱われていたり聞いてくれない人が多いので、

話を聞いてしまうと相手が誤解して付け上がりやすい

 

心理評論家:植木理恵によると

明らかに敵意を持っている人、邪魔をしようとしている人に

アイカメラをつけて実験すると、

相手の動きや表情に敏感に見ていることが分かった

●敵意を持っている人は、相手の動きや表情に敏感

 

相手が少しでも誤魔化そうとしたり、少しでも逃げようとしたりすると

バカにしていると、あらぬ怒りを招く可能性がある

絡んでくる人を、上手くかわしたつもりで店を出ても、

追いかけてくることが結構ある

 

●変な人に絡まれたら、第三者を入れる

逆上した人とされた人の2人だけでは、なかなか解決しにくい

第三者に免じて怒りを収束しやすい (9)

マーケティング評論家:牛窪恵によると

カップルのどんな姿を見るとバカップルだなと感じるか?のアンケート調査では、

ダントツ1位は、人前でベタベタする

 

アメリカのフロリダ大学が、4年間 新婚カップルを追跡調査によると

●ベタベタ、イチャイチャするカップルは、圧倒的に浮気する確率が高い

ベタベタした側も、された側も浮気する割合が高かった

ベタベタ・イチャイチャする人は、いつか自分は捨てられるんじゃないかと

パートナーの愛情に不安を感じている傾向があり

ベタベタされた側は、徐々に重たく感じ、違う自分を演じるようになる

 

法律評論家:堀井亜生によると

●ベタベタしたい男性は、浮気性

人前でベタベタするのは、相手への愛情表現ではなく

恋人がいることを人に見せたいと思う自己満足

 

●愛妻家な男性ほど外では あまりベタベタしたがらない

 

心理評論家:植木理恵によると

●女性は、ネガティブな記憶を一生忘れない

男性は女性がしたいことに合わせてあげた方が将来的に楽 (55)

スポンサード リンク