Category Archives: ●法律評論家:堀井亜生

法律評論家:堀井亜生によると

結婚すると潔癖ではない人が、潔癖な人に合わせる形になりやすい

潔癖の人が、潔癖でない人と離婚したいという相談は、

ほとんど受けたことがないが、

潔癖でない人が、潔癖な人と離婚したいという相談は、かなりある

●潔癖でない人が、潔癖な相手と離婚したがる傾向

潔癖な人は、自分が正しい、キレイで当然と思いがち

潔癖でない人が合わせるようになり、窮屈な生活を強いられる

 

心理評論家:植木理恵によると

●カッコ悪いことしたという自己嫌悪は、一生消えずに続く

あんな恥を見せてしまった、あんな風に裏切ってしまった、

申し訳なかったという気持ちは、ずっと響く (60)

スポンサード リンク

法律評論家:堀井亜生によると

前提として浮気は不法行為

今の裁判の実情、浮気の慰謝料が年々下がっている

 

浮気の慰謝料の相場は、昔は裁判して勝てる金額が300万円くらい

 

今、300万取れるのは、相当悪質な事案

大体200万円、場合によっては100万円切るケースも

●浮気の慰謝料の相場は200万円で100万円を切るケースも

 

一般的に不倫が増えて、

辛い気持ちが下がってきていると裁判官が判断しているから

 

浮気する人の男女比率は、ほぼ同数

妻の浮気が発覚しても離婚を選ばない男性が多い (38)

法律評論家:堀井亜生によると

●テンパり過ぎて結婚を迫ってきた女性を殺そうとした人がいた

 

男性は、交際させた女性を妊娠させた

その女性を好きでもなく子供を作る気もなかった

女性は「責任をとって!」や

「結婚しないと自殺する!」など男性を追い詰めた

テンパった男性は、結婚しないために、女性を殺すしかないと考え、

殺害するために旅行に誘った

しかし怒る女性が怖くて、旅行先で婚姻届けを出してしまった

 

その後、冷静になった男性は周りに相談し、

離婚手続きをして離婚に至った (31)

法律評論家:堀井亜生によると

●男子校や女子高出身の人は、テンパりやすい

ささいなことで離婚を考える人は、

小中高大学とエスカレーター式で進学した人や女子高や男子校など

狭い人間関係の中で育った人が多い

 

例えば、夫が「奥さんが前に言ったことと違うことを言うんです」

や「妻が感情的に怒るんです」と真顔で相談してくる

女性経験があればそんなこと当たり前

 

思春期に女性を見ていない、

様々な人を見ていないため、耐性がない人が多い

●真面目な人ほどテンパりやすい

真面目な人は、こうあるべき、こうすべきと

枠が人よりも狭いので予期せぬ出来事があった場合、テンパりやすい (175)

女性で失敗する男診断

Q:彼女の友達に「私の彼氏」と紹介されたいですか?

されたい されたくない

 

法律評論家:堀井亜生によると

●彼女の友達に紹介されたい男は、浮気されやすい

紹介されたい男は、彼女のことを知りたいが強い

彼女の交友関係を把握したいという考えがある

彼女との関係にどこか不安があるから

過去に裏切られた経験があるのかも

男が不安で束縛すると彼女は

「私のことが好き」と自信を持ち、浮気に走りやすい (172)

スポンサード リンク