Category Archives: ●脳科学評論家:澤口俊之

脳科学評論家:澤口俊之によると

味覚によって聴覚が変化する

●人は、しょっぱいものを食べると音が小さく聞こえる

映画館の大音量は、ポップコーンを食べると程よい音量に感じる

 

アゴを動かすことで前頭前野が活性し、集中力がアップする

 

心理評論家:植木理恵によると

●人は物を飲み込んでいる時に判断が甘くなる

ピーナッツを嚙みながら漫画を読むと評価に差を付けられない

何も食べずに漫画を読むと、きちんと評価できるようになる (35)

スポンサード リンク

●みずがめ座、うお座、やぎ座の社長の会社は倒産しやすい

 

東京商工リサーチが、

11万6505件の倒産会社の社長の星座を調査

 

倒産企業の社長で最も多かったのが、みずがめ座

2位がうお座、3位がやぎ座

 

倒産までの期間の長さは、

1位:やぎ座、2位:いて座、3位:みずがめ座

 

つまり冬生まれの社長は、粘り強く我慢強い傾向があることが分かった

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

冬(1~3月)生まれの人は、新規追求性や冒険性が高い (188)

脳科学評論家:澤口俊之によると

●好きな人の写真を見るだけで腰痛の痛みが和らぐ

脳の方集計を活性化させる行動により、

痛みを和らげる効果がある

 

●幸福になることが、腰痛の治療になる

幸福になることの第一条件は、女性であること

男性は、幸福感とは無縁

 

●肥満は、うつになりやすい (146)

心理評論家:植木理恵によると

年を重ねるうえで男性と女性で大事なものが違う

 

男性は、趣味を持つことが大事

女性は、人といることが大事

 

男性には85歳以上になると働き始める脳機能がある

絵画やつぼなど精神的なものに没頭できるようになる

男性は、没頭できる趣味を持つことで1人でも孤独を感じにくい

女性は、何歳になっても人恋しい

特に女性の孤独は、男性よりも辛い

高齢者には男女の特性を考えた接し方を行った方が良い

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

個人差はあるが、海馬、前頭前野、側頭葉は、高齢になっても大きくなる

鍛えれば60歳を過ぎた人が、30歳の海馬に戻れることも (219)

脳科学評論家:澤口俊之によると

昨今、アレルギー体質の人が多くなった理由を調査

どんな人が花粉症になりやすいか?をコホート研究した結果、

●指でおしゃぶりをしなかった人は、アレルギー体質になりやすい

幼少期に微生物に多く、触れることでアレルギー対策になる

 

生物学評論家:池田清彦によると

●春は肌が荒れる人が多い

 

イギリスで白人200人を調査

ニキビを経験した人は、白血球のテロメアが長いことが分かった

●ニキビの経験者は、長生きしやすい (109)

スポンサード リンク