Category Archives: ●脳科学評論家:澤口俊之

幼児教育評論家:桐川敦子によると

●凸凹の園庭がある幼稚園に通わせると運動神経が高くなる

凸凹のあす場所で遊んでいるうちに自然とバランス感覚や体幹が養われる

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●危険な遊びをした方が、大人になって心が折れにくい

海外の研究では、綱登り

綱登りをすることで危険を察知する能力などが養われる

安全に遊ばせすぎると将来 心が弱い大人になるという研究結果もある (54)

スポンサード リンク

脳科学評論家:澤口俊之によると

性格の研究は、動物実験が多いが

●知能は母親、性格は基本的に父親に似る

知能や性格などへの遺伝の影響は、

大人になってから強く出やすい

乳幼児は、父親の行動を見て、真似たがる傾向がある

 

幼児教育評論家:大野将平によると

生物学評論家:池田清彦によると

言葉を理解する前、生後4か月で表情などを通じ、

コミュニケーションが分かるようになり、

その後、徐々に言葉を理解する

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●乳幼児は、文法を理解している

乳幼児に「好き」「嫌い」を同じトーンで言っても

脳の活動に違いがあることが分かった (136)

脳科学評論家:澤口俊之によると

●女性は楽しい時の感情より、不快な感情を読み取る男性を好む

自分の不快な感情を気付かれない場合、

嫌な感情を抑え続け、後々爆発する傾向にある

 

離婚しないためには、感情を抑えないで、全て感情を出したほうが良い

●交戦する女性ほど離婚しにくい

 

●妻がイライラしている時、好きな食べ物を渡すと良い (121)

脳科学評論家:澤口俊之によると

女性は、大体 年上好みと年下好みで二分化される

 

心理評論家:植木理恵によると

中学生になる頃に、年下、年上の

どちらと接するのが心地よいのかが分かれる

 

日本人の場合は、見捨てられ不安という文化があり、

ほとんど年上から見捨てられるのが嫌 (231)

生物学評論家:池田清彦によると

●故郷を愛している人が多いほど、その土地はメジャーになれない

 

メジャーな地域に住む人は、他から人がたくさん来るため、

故郷という考えがない

 

マイナーな地域は、他から人が来ないため、

故郷を愛している人が占める

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●高齢者と思っているだけで記憶力が低くなる

型にはまった物事の考え方をステレオタイプ志向という (69)

スポンサード リンク