Category Archives: ●脳科学評論家:澤口俊之

脳科学評論家:澤口俊之によると

片頭痛が長年続くと脳の構造が変わる

●眩しい光を見るだけで片頭痛が起きる

その原因は、

眩しい光を見ることで、脳の視覚野が異常活動をきたし、

痛みに関する脳領域まで伝わる

それは目の血管が原因ではなく脳の異常活動が原因

 

ハーバード大学の医学部の実験によると

緑の光を見ると片頭痛の痛みが20%も軽減したことが分かった

●植物などの通常の緑色を見るだけでも片頭痛の痛みが軽減する

 

片頭痛を長期的に治すには、有酸素運動を定期的にすること

有酸素運動をすると脳の神経栄養因子などが作られ、片頭痛改善に効果を発揮する (47)

スポンサード リンク

経済評論家:門倉貴史によると

●何かを掴むだけで緊張がほぐれる

人は心が不安定になると何かを掴みたくなる

ブリティッシュコロンビア大学の調査によると

ホラー映画を観ている人は、何かを持つと安心し、

持っていたモノに愛着信すら覚えたという

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●失神しそうなときは、指を合わせて組み、引っ張ると効果的

失神しそうなときは、脳の活動レベルが急激に下がっているとき

このポーズで脳の活動レベルが上昇し、失神防止になる

 

印象評論家:重太みゆきによると

●自分より緊張している人を見ると緊張が収まる

就活などの面接時、他人が有能に見えたり、

緊張していないと思うと さらに緊張が高まる

しかし他人の方が緊張していると自分の緊張は収まるもの (83)

印象評論家:重太みゆきによると

テンパる人は、自分のコントロールができない

テンパらない人は、自分のコントロールを常に落ち着いてできる

●5本の指先を合わせて脈を測ると自分の落ち着き度が分かる

テンパらない人は、このポーズでも脈が測れるが、

テンパる人は、脈が測れない

 

●指先で脈を感じる人は、すぐに集中できる人

すぐに集中できる人は、テンパりにくい

すぐに集中し落ち着けるように日頃から訓練するとよい

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

この方法は、指先を意識して副交感神経が働くようにコントロールするのでとても良い (1505)

●パニックになった時の深呼吸は、実は逆効果

パニックした際、人は酸素過多になる

呼吸が荒くなってしまい、二酸化炭素を吐きすぎてしまう

そんな時に深呼吸をしてしまうとさらに過呼吸になってしまう

さらに過呼吸により、めまいを起こし、失神してしまう

パニックの時ではなく落ち着くためには深呼吸は有効

●パニックになった時は、深呼吸ではなく浅い呼吸を心がけた方が良い

 

心理評論家:植木理恵によると

●パニック障害は、ルーティンを決めておくと治る患者が多い

例えば、横になれば治る

電車でも飛行機でも遠足用のシートを持ち歩き、

パニック障害の発作が来た時は、床に寝るようにしていた

●一生パニック障害の人はいない、パニック障害で亡くなった人もいない

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●男性より女性の方が2倍 パニック障害になりやすい

カフェインの摂り過ぎが、きっかけであることが多い

いきなり動悸が激しくなり、

死ぬんじゃないかという恐怖により不安感に襲われる

カフェインが脳を刺激するため、パニック発作を引き起こす (182)

脳科学評論家:澤口俊之によると

●脳は笑った顔を見ると老けていると認識する

笑うと目尻にシワが寄り、

見た瞬間、脳が2歳 老けていると認識する

 

●恐怖の顔の方が若く見られる

 

ノスタルジーは悪くない、という研究がある

●若いときに読んだ小説や映画などを見ると若くなる

若いときに見たものを再び見ることによって

脳が若返る効果がある (96)

スポンサード リンク