Category Archives: ●脳科学評論家:澤口俊之

脳科学評論家:澤口俊之によると

血液型と性格の相関関係は、これまで否定されていたが、

 

2011年に血液型の遺伝子と脳内ホルモンの遺伝子とのリンクが発見され、

研究が世界各地で行われている

 

2015年、根気強さや持続性が優位なのが

A型であることが分かった

 

●血液型の中で一番 A型が根気強いが科学的の証明

他の血液型は横並びで、A型のみが根気強さが一番高かった (84)

スポンサード リンク

サイエンス・デイリーに掲載

●全ての血液型をO型に変える万能血液の実現が近づく

B型やA型の血液を輸血のためにO型に変える

O型のRh(-)は、緊急時 全ての血液型に輸血が可能

血液型は、赤血球の上にくっついている抗原の種類で決まる

A型のA抗原は、抗原がないO型にとって害

酵素で抗原をはがし、全ての血液型をO型に変える仕組み

 

血液型は、ABO式やRh(+)(-)だけではなく、かなり多くの種類がある

知られているだけでも

●血液型は250種~1000種くらいある

人口約76億人のうち、血液型が完全に同じ人は、

一卵性双生児以外は、ほとんどいないとされる

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

2018年に入ってから新たに1000種類もの血液型の変異型が発見された (60)

心理評論家:植木理恵によると

●50代になったら人間関係に余分な人と交流し始めた方が良い

20代で人間関係として余分な人と見極めるて排除する

30~40代で仕事に関係のある人と交流する

50代以降も仕事に関係のある人としか交流していないと

退職したときに急に心が孤立する

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●高齢者の孤独には、ボランティア活動が効果的

孤独は高齢者の脳に悪影響

1週間に1回でもボランティア活動すると

脳の認知機能が活性化することが分かっている (46)

心理評論家:植木理恵によると

●5歳までに初恋をすると言葉を早く覚える

 

これは男女ともに

小学校入学前までに好きな子がいると答えられる子は、

小学校で国語の成績が良く、

中学校で彼氏彼女がいる傾向が強く、

高校で将来の夢がはっきりしている傾向が強い

 

しかし小学校入学前までに好きな子がいないと答えた子は、

就職率が低かったり、大学受験の闘志が足りなかったり…という結果が出た

 

好きになる相手は、人でなくても、漫画のキャラクターでもOK

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●7歳から父親とキャッチボールをすると、思春期以降に問題行動が減る

軽く投げているだけではなくたまに速い球を投げるのがポイント

父は凄いと思う感覚が大切 (53)

生物学評論家:池田清彦によると

●小学校に上がる前に英語を教えない方が良い

6~7歳くらいまでに日本語と英語を同時に教えると

変なバイリンガルになってしまう

小学校入学前後は、脳の言語野が急速に発達する

2か国語を覚えようとすると脳が混乱する

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

耳で聞かせるより文法を教える方が、

のちに英語力が急激にアップすることが分かっている (74)

スポンサード リンク