Category Archives: ●脳科学評論家:澤口俊之

脳科学評論家:澤口俊之によると

●女医の方が患者の生存率が高い

 

肥満治療評論家:工藤孝文によると

男性医師は、経験から我流になりがち

女性医師は、臨床基準に沿って治療する

 

美肌研究家:森智恵子によると

●女性の痩せすぎが原因で未熟児の確率が高まっている

出生時、体重2500g未満を低出生体重児という

日本人は、約10人に1人の割合で未熟児

インド、南アフリカ、インドネシアと同じくらいのレベル

欧米と比べると日本は明らかに未熟児が多い (109)

スポンサード リンク

良いパパ、ダメパパ診断

 

Q:妻の料理が美味しくなかった時、どう言う?

A:無理して美味しいと言う B:正直に美味しくないと言う

 

●妻の美味しくない料理に美味しくないと言う方が、良いパパ

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

不味いものは不味いとはっきり言ったほうが良い

父親のウソを子供はすぐに見抜く

父親がウソをつくなら自分もウソをついてよいと思うもの

 

妻の顔色をうかがわない忖度しないパパは、子供の将来に良い影響与える (152)

疲労評論家:梶本修身によると

●乾燥肌の人は、光り物の寿司を食べたほうが良い

イワシ、サンマ、サバなどを食べたほうが良い

表皮の中にある細胞管脂質で一番重要な役割を持つのがセラミド

セラミドは肌の水分を保つだけでなく

肌の代謝にも役割を持っていることが分かった

セラミドを作るのに、不飽和脂肪酸が重要な役割を果たしている

不飽和脂肪酸は、体の中で生成できないので

食べ物から摂取する必要がある

EPAやDHAを含むオメガ3脂肪酸を摂ると

セラミドを生成し、抗炎症効果が期待できる

 

オメガ3脂肪酸が多く含まれているのが、イワシ、サンマ、サバ

米にもセラミドが含まれているので、光り物の寿司は乾燥肌に効果的

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●光り物の魚を食べると緊張を抑える効果がある (131)

脳科学評論家:澤口俊之によると

眠りが浅いのは、脳的に意味がある

 

嫌なことが起こった夜、脳はあえて寝つきを悪くさせる

 

寝ている間に記憶は定着してしまうので、

嫌な記憶を定着させないようにあえて寝つきを悪くさせている

寝つきが悪いは、脳の防御反応

 

慢性的な不安感を抱くと、脳が委縮し、

うつ病や認知症になりやすくなる (330)

心理評論家:植木理恵によると

独自性、オリジナリティ、個性は、相対性よりも上位の概念

●個性を出したがる人は、自分を勝者だと思っている

比較競争の中で勝っていると思っている人ほど個性を出す傾向がある

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

LINEで活性化する脳領域は、コカインと同じくらい

●LINEのやり取りでコカインと同等の快感を得ている

 

印象評論家:重太みゆきによると

●LINEは、文章を小分けにしたほうが好印象 (321)

スポンサード リンク