Category Archives: 生物

生物学評論家:池田清彦によると

全く動かないハシビロコウ

 

アフリカに生息する肺魚を食べている

肺魚が呼吸のために水面に顔を出すまで動かない

 

●ハシビロコウは、足に尿をかけて涼む

アフリカの暑い場所で涼むために

足に尿をかけて気化熱を利用し涼んでいる

 

なのでハシビロコウの足は、

自分の尿に含まれる尿酸で白くなっている (307)

スポンサード リンク

生物学評論家:池田清彦によると

人間の脳の重さは約1.3キロだが、ゾウの大脳の重さは 5キロ

他のゾウと足音でコミュニケーションするときに、

非常に細かい情報を伝えることができる

ゾウの足音には、低周波が発生し、聞き分けている

 

像は耳が良い

●ゾウは人間の声を聞いただけで敵かどうかを判断できる

イギリスの研究、ゾウは恐ろしい人間と恐ろしくない人間が分かる

マサイ族の女子供の声には反応しないが、

マサイ族の男性の声には反応する

 

別の種族の男性の声には、あまり反応しない

 

マサイ族の言葉が分かる親ゾウは子供に敵の声を教えている (70)

生物学評論家:池田清彦によると

北アメリカに生息するプレーリードッグ

一夫多妻制で、雄が一匹、

牝がたくさんいて集団で生活している

巣穴にはトイレや子供部屋など様々な部屋がある

プレーリードッグは、よくキスをするが、コミュニケーションのため

 

●プレーリードッグは、よその巣穴に侵入して子供を殺す

縄張り争いでエサの取り合いの末に、

よその巣穴に侵入して子供を殺す

さらに育児中のプレーリードッグは、攻撃性が増す

 

●名前の由来は、鳴き声が犬に似ているから

家族がいない雄は、生きがいがなく短命になる (125)

生物学評論家:池田清彦によると

夜行性で暗闇でも獲物を捕らえられるフクロウ

●フクロウの首は左右に270度も回る

人間の首の骨は7個しかないが、

フクロウの首の骨は14個もあるため首が柔らかい

 

フクロウの目は正面についている

捕食される動物は敵がすぐに分かるように目が横についている

 

●フクロウの耳は、左右対称についていない

右耳は上向きにつき、左耳は下向きについている

ズレていることで左右の耳に届く音に

時間差と大小が発生し、相手の位置が分かる

暗闇でもほぼ聴覚だけで約6%の誤差で場所が分かるという

 

●視野が狭くならないようにフクロウのくちばしが小さい (67)

生物学評論家:池田清彦によると アフリカに生息する類人猿最大のゴリラ

 

●ゴリラの握力は、500キロ以上

雄ゴリラの銀色の背中は、強さの象徴

 

雄ゴリラには同性愛が存在する

雄ゴリラだけかと思われたが、

最近の研究で牝ゴリラにも同性愛が確認された

雄にフラれた牝同士が行っていたという

 

●ゴリラは平和的な動物で仲の良い人間を10年も記憶している (114)

スポンサード リンク