Category Archives: 生物

生物学評論家:池田清彦によると

愛らしい仕草のカワウソ

二ホンカワウソは絶滅した

6~8分も水中に潜れる

 

●カワウソは、ヒゲで水流を感知して魚の位置を感知する

魚の動きで水流が変わり、

センサーの役目を果たすヒゲで感知して

獲物の位置を把握する

なのでカワウソは夜でも魚を捕まえられる (51)

スポンサード リンク

生物学評論家:池田清彦によると

愛嬌のある顔に癒されるアルパカ

ラクダの仲間は、唾が臭い

気分が悪いと唾を吐きかけてくる

●アルパカは尻尾と耳と口で感情表現をする

耳を立てている時は、警戒している

怒った時は、口を開ける

 

●アルパカの毛は、放置しておくと伸びて地面に届く

モコモコタイプと縮れ毛タイプの2種類に分かれる

縮れ毛タイプのアルパカの毛は、長く伸びる

 

アルパカは、基本的に家畜なので毛は剃られる

毛は、空洞があり耐寒性が高い (38)

生物学評論家:池田清彦によると

泳ぎが得意な巨大な草食動物:カバ

カバは皮下脂肪が厚く、毛がなくても寒くない

●カバは時速40キロで走る

水でも同じくらいのスピードで泳げる

 

カバは縄張りに入ってきた敵を襲う

カバ同士でも人間も縄張りに入ると殺されてしまう

カバが原因で死亡するのは、年間500人くらい

ライオンに襲われて死ぬ人よりも多い

●カバが口を大きく開けるのは、あくびではなく強さを表している

口を大きく開けるのは威嚇のため (83)

生物学評論家:池田清彦によると

春は桜の季節だが、懸念していることがある

●日本の桜が見られなくなる日が来るかもしれない

 

今、クビアカツヤカミキリが蔓延している

中国や朝鮮半島などが原産の外来種

クビアカツヤカミキリの幼虫は、桜の生木を食べる

2012年に愛知県で発見された後、

群馬、東京、大阪、福島と全国に拡大している

 

幼虫は桜の木の中に生息するため、防御策が難しい

夏になり成虫になったクビアカツヤカミキリを殺すしかない (339)

スポンサード リンク