Category Archives: 美容・ダイエットについて

骨格筋評論家:岡田隆による

●くびれを作る室内トレーニング

 

1、体育座りの状態で、手を床に添える

 

2、お腹をヘコませてキープする

 

呼吸を止めないように浅い呼吸でも続けるように心がける

 

3、足を左右に振って、お腹をひねる

 

4、足を振る時に息を吐く

 

気がついた時に、ずっと行えば、くびれができる (234)

スポンサード リンク

肥満治療評論家:工藤孝文によると

●凍らせたペットボトルを持って平泳ぎすれば、痩せて若く見られる

 

手の平には温度を感じるセンサーがたくさんあり、

凍ったペットボトルを握ると寒いと勘違いし、

褐色脂肪細胞が働き、代謝がアップする

 

1、椅子に座った状態で両手に凍ったペットボトルを持ち

 

2、平泳ぎのような動きを繰り返す

その動きで肩甲骨あたりの褐色脂肪細胞の働きを促す (253)

骨格筋評論家:岡田隆によると

老けにより顔全体が垂れるのは、

首についている広頸筋に引っ張られているから

首の皮膚についている広頸筋を

伸ばさないと重力に勝てない顔になる

●首の筋肉を鍛えて顔のシワやたるみをとる方法

あごの下を押さえ、顔を上に突き上げる

皮が引っ張られているような伸び感を感じるのが大事

しゃくれさせて伸ばしても効果的

 

印象評論家:重太みゆきによると

●えび反りをしてから寝ると若く見られる

えび反りをすると、まぶたの上の筋肉が持ち上がり、

繰り返し鍛えると、生き生きとした目に

寝る前に背中にクッションを敷き、

仰向けのまま背中を反らせて後方を見るように意識して5秒

寝る前に10分~15分行うだけで目が明くようになる (206)

心理評論家:植木理恵によると

●自分自身の心に渇望感のある人は、若く見られる

マウスに、エサを置いた皿とレバーを引いたらエサが出る装置を与えて、

渇望感を試す実験を行った

 

すると年老いたマウスは、皿にあるエサに楽をして食べたがった

課題を課さないと食べられない方が、

美味しく感じる、価値があると感じるのが若さであることが分かった

 

●頑張った後に得たモノの方が価値があると感じるのが若さ

人も幼稚園児は ほぼ100%レバーにこだわる

大学生で50%に減少、年を重ねるにつれ、楽をしたがる (267)

脳科学評論家:澤口俊之によると

●脳は笑った顔を見ると老けていると認識する

笑うと目尻にシワが寄り、

見た瞬間、脳が2歳 老けていると認識する

 

●恐怖の顔の方が若く見られる

 

ノスタルジーは悪くない、という研究がある

●若いときに読んだ小説や映画などを見ると若くなる

若いときに見たものを再び見ることによって

脳が若返る効果がある (96)

スポンサード リンク