Category Archives: 美容・ダイエットについて

疲労評論家:梶本修身によると

●海外旅行で時差が大きければ大きいほど便秘になりやすい

腸内細菌のバランスが崩れると便秘になる

生体リズムを狂わせる大きな要因が、時差

 

●GWは女性にとって一番体重が増える時期

男性は正月

 

女性は春に海外旅行に行く

●国内旅行よりも海外旅行の方が体重が増えやすい

韓国よりも時差の大きいアメリカの方が体重が増えやすい

海外旅行に行く際は、便秘対策を考えておくと良い (8)

スポンサード リンク

認知科学評論家:中野信子によると

脳温は、睡眠にとって重要

 

脳の温度を下げないと眠れないので

手足の末梢血管を広げることが必要

 

冷え性の人が、寝付けないのは、これが原因

 

脳の温度を下げるため、手足の末梢血管を広げ、熱を放出する

手足が温かい時は、脳の温度が下がっている時なので寝た方が良い

脳の温度が下がっている時は、成長ホルモンが分泌されている

●手足が温かい時に寝ないと老けやすくなる (160)

認知科学評論家:中野信子によると

脳から分泌される満腹中枢を刺激し、

食欲を抑えるホルモン:レプチン

 

適度に食べるとレプチンが分泌され、食欲を抑えてくれる

 

しかし脂肪細胞に脂肪が増えていくとレプチン抵抗性が分泌され、

レプチンが出ても、食欲を抑えてくれなくなる

 

●脂肪が増えると食欲が抑えられなくなる

腹八分目で止める訓練をしないと太りやすい体型になる (170)

印象評論家:重太みゆきによると

●最期まで愛される人は顔癖が良い

 

年をとると その経験が顔に出るものだが、それは口癖から

 

高齢者の顔から その人の口癖を調査

口癖が顔癖に表れていることが分かった

顔癖が素敵な人は、最期まで愛される

 

「いいね」など良い言葉を普段から言う人は、幸福感がある顔癖になる

「アカン」など否定的な言葉を普段からいう人は、悲壮感が顔に出てくる (309)

予防医学評論家:エリカ・アンギャルによると

●血液型によってダイエット法の相性がある

 

O型の歴史は 紀元前4万年頃~

狩猟民族なので消化しやすい食事は、動物性タンパク質

向いている運動は、運動量の激しいボクシングなど

 

A型の歴史は、紀元前2万5千年~1万5千年頃

農耕民族なので消化しやすい食事は、野菜や果物、魚、大豆製品

向いている運動は、リラックスしながらできるヨガやストレッチなど

 

B型の歴史は、紀元前1万5千年~1万年頃

遊牧民族なので消化しやすい食事は、乳製品やラム肉

向いている運動は、頭を使うスポーツ テニスやバスケなど

 

AB型の歴史は、約1000年前

消化しやすい食事は、バランスよく

向いている運動は、激しい&リラックス

 

●海外ではO型の比率が高い国が多く、南米にはB型が ほぼいない

 

生物学評論家:池田清彦によると

●ペルーやブラジルのネイティブのインディオは、100%O型

約1万2千年前に祖先が東アジアから渡った時、全員がO型だったため

アメリカンインディアンも90%O型 (145)

スポンサード リンク