Category Archives: 美容・ダイエットについて

予防医学評論家:エリカ・アンギャルによると

●血液型によってダイエット法の相性がある

 

O型の歴史は 紀元前4万年頃~

狩猟民族なので消化しやすい食事は、動物性タンパク質

向いている運動は、運動量の激しいボクシングなど

 

A型の歴史は、紀元前2万5千年~1万5千年頃

農耕民族なので消化しやすい食事は、野菜や果物、魚、大豆製品

向いている運動は、リラックスしながらできるヨガやストレッチなど

 

B型の歴史は、紀元前1万5千年~1万年頃

遊牧民族なので消化しやすい食事は、乳製品やラム肉

向いている運動は、頭を使うスポーツ テニスやバスケなど

 

AB型の歴史は、約1000年前

消化しやすい食事は、バランスよく

向いている運動は、激しい&リラックス

 

●海外ではO型の比率が高い国が多く、南米にはB型が ほぼいない

 

生物学評論家:池田清彦によると

●ペルーやブラジルのネイティブのインディオは、100%O型

約1万2千年前に祖先が東アジアから渡った時、全員がO型だったため

アメリカンインディアンも90%O型 (139)

スポンサード リンク

マーケティング評論家:牛窪恵によると

20代女性で流行っている伊達マスク

●マスクをしたままのマスク婚活が流行

1年半で1860名の参加者を集めた

男性は、フラれた時に街で顔がバレるのが嫌だから

女性は、どんなに可愛くても自分の顔に自信がない女性が多い

マスクをしたまま会話し、

カップルが成立しないとマスクを外さない

 

●マスクをしたまま寝ると肌が荒れる

マスクの下の肌に油分が溜まるので肌が荒れる

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●冬は、あくびの回数が多い

あくびには、脳を冷やす効果がある

夏より冬の方が外気が冷たいので あくびが2倍多くなる

それだけ脳を冷やした方が良いにもかかわらず、

マスクをすると あくびで冷たい空気が入りにくくなる

脳を冷やさないと判断力が鈍くなりやすい (352)

マーケティング評論家:牛窪恵によると

オーストラリアの研究では

●ぽっちゃり体型は、母親ではなく父親に似る

8歳~9歳の子供3800人以上を調査

母親が標準的な体型でも父親が肥満体型だった場合、

子供が肥満体形になる確率が高くなる

 

母親だけ別のモノを食べているせいではないか?との考えもある

 

教育評論家:尾木ママによると

近視でない両親と比べて、

親のどちらかが近視の場合、2倍

両親が近視でメガネをかけている場合、5倍

●両親が近視の場合 子供は5倍 近視になりやすい

 

●小学生の約30%が近視になっている

近視になるのは、遺伝の要素もあるが、環境要因もあると考えられる (303)

生物学評論家:池田清彦によると

服用するだけで痩せる薬が開発される

 

痩せている人のお腹を調べると、

アッカーマンシア・ムシニフィラという細菌が一杯あることが分かった

人の腸内細菌は、約100億~約1000億兆個ある

痩せている人は、そのうち4%がアッカーマンシア・ムシニフィラが占めていた

 

太ったマウスに、アッカーマンシア・ムシニフィラを

餌に混ぜて飲ませたら痩せた

 

●痩せた人が持つ特有の細菌「アッカーマンシア・ムシニフィラ」を飲むと痩せられる

アッカーマンシア・ムシニフィラは、腸壁に働きかけ、

腸壁の遺伝子をコントロールして粘液を一杯出させている

粘液で覆われると、太る原因であるリポ多糖が吸収されなくなる (911)

美肌評論家:森智恵子によると

●極小の針で皮膚から浸透させる痛くない薬「マイクロニードル」の開発が進んでいる

 

シールみたいなシートに数10~数100ミクロンの針をびっしり

溶解する針先には薬を含ませている

痛点よりも針が小さいため、痛くない

 

シワの気になるところに貼るとコラーゲンや

エラスチンの元になる成分が肌に浸透し、美肌になる

 

美容医療だけでなく様々な病気の

新しい投薬手段として注目されている (132)

スポンサード リンク