Category Archives: 美容・ダイエットについて

肌ケア評論家:澤田彰史によると

●肌の老化スピードの8割は、浴びた紫外線の量で決まる

UVケアさえしておけば、アンチエイジングの80点をとれる

ビタミンDは、約15分、手のひらの面積で紫外線を浴びれば十分

 

美肌に効く食べ物は、世代別で違う

●10代の美肌には、しらたきが効果的

10代の肌の悩みは、ニキビ

ニキビの原因で多いのは、便秘

便秘により悪玉菌が増加し、活性酸素が発生し、

血流に乗って皮膚に蓄積される

便秘の原因は、食物繊維不足

最も効率よく食物繊維を摂れるのが、しらたき

 

●20代のニキビ予防には、赤ピーマンが効果的

20代の肌トラブルも、ニキビ

ニキビを解消するためにビタミンCが必要

オススメは、赤ピーマン

赤ピーマンは、普通の緑ピーマンよりビタミンCが約2倍多く含まれている

果物には糖質が多く入っている

果物を食べすぎると果糖により血糖値が上昇し、

活性酸素が発生し、ニキビの原因になる

 

●30代の美肌には、レバーが効果的

30代は、20代と比べて、無理がきかなくなる年代

その原因の一つとして、鉄不足がある

鉄分を効率よく摂取できるのは、レバー

鉄分不足だとコラーゲンが作れず、シワやたるみの原因になる

 

●40代の美肌には、ちりめんじゃこが効果的

40代は、コラーゲンがほとんど作られなくなる年代

コラーゲンでオススメなのは、ちりめんじゃこ

コラーゲンは1日5g摂取すれば肌に良いとされている

5g摂取するのに、ちりめんじゃこを約22g食べればよい

 

これまではコラーゲンを食べても

胃腸の中でアミノ酸に分解され、美肌効果がないと言われてきたが、

最近の研究で、コラーゲンを食べると肌に効果があることが判明した

コラーゲンを食べたうち約10%が

コラーゲンペプチドとして吸収され、肌の細胞に働きかける

 

尾木ママによると、肌深層部の細胞を活性化させ、

コラーゲンなどの再生を促すコラーゲンマシンがある

 

●50代の美肌には、納豆が効果的

50代の肌の老化の原因の一つとして、腸の中の悪玉菌の増加がある

そのために善玉菌を口から補給してあげればよい

一番良いのは、納豆 (32)

スポンサード リンク

2018年4月、カナダ オタワ大学が発表

●「汗をかいてデトックス」は、嘘だった

 

体内の毒素を排出するのは、汗ではなく肝臓と腎臓だけ

汗をかくのは、体温を下げる効果しかない

 

汗には毒素、有害物質も含まれるが、その量は、ごくわずか

 

尿や大便が、一番のデトックス

そもそも体内の重金属や毒素は、汗に溶けない

なので汗で毒素が排出されることはない (79)

●垂れた尻を解消する階段かかと上り

1、かかとから踏み込み、少し前傾姿勢で階段を上る

2、感じにくければ一段飛ばしで

大殿筋の上部の筋トレをすることでヒップ位置が高くなる

大殿筋の下部の筋トレをすることで太ももとの境目がくっきり

1、立った状態でテーブルなどに手を添え、足を斜め後ろに蹴り上げる

2、足を後ろに上げ、内側に閉じる

 

●便秘を解消する息吐き振り返りひねり

腸の前には腹筋が三層構造で存在している

これらの筋肉を動かすことで腸が波打ってマッサージされる

・腹横筋の感じ方

座った状態で、お腹を凹ませた状態をキープしながら

片方のお知りに体重をかけつつ、頭は真ん中に保つ

1、椅子に浅く座り、手を胸の前でクロス

2、足は肩幅に開く

3、息を吐きながら上半身を左右にひねる

 

●O脚を解消する寝転びカニばさみ

1、横になり、上の足を前に垂らし、下の足を上げる

上半身を楽にするのがポイント

内ももの内定筋群がたるむと脚が外に広がり、O脚気味になる

太ももの内側を鍛えると脚が内側に引っ張られる

 

●肩こりを解消する肩甲骨ロック伸ばし

1、手をコシの反対側に引っかけ、肩甲骨をロックする

2、逆の手で頭を横に倒す

3、続いて前にも倒す

最低でも15秒続ける

肩の筋肉は血が滞りやすい

血の巡りを良くすることで肩こりが改善する

 

●小さい胸が大きくなるお願いポーズ手首返し

手を合わせるポーズだけでは大胸筋の一部しか鍛えられない

1、胸の前で手を合わせる

2、手首を返し、上下に動かす

3、さらに左右に動かす (53)

美肌評論家:森智恵子によると

●髪の毛を増やしてから植毛する新しい治療法が開発された

それは後頭部から毛包ごと髪の毛を採取し、

外部で数十倍に培養して植毛する方法

 

●貼るだけで治せるコラーゲンスポンジができた

皮膚を削って出た血液にコラーゲンスポンジを貼り、

1か月待つと、コラーゲンスポンジ内に

疑似皮膚ができて平らでキレイな肌になる (43)

先端医学評論家:一石英一郎によると

●遺伝子レベルでエイジングケアできる化粧水がある

 

ステムセルという

 

再生医療法により細胞の取り扱いは、厳しいが

細胞から分泌された細胞培養液は利用しやすい

 

幹細胞を培養する中で出た分泌液を回収し、

化粧水に利用

肌につけると細胞が元気になる (1857)

スポンサード リンク